EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

恋愛関係 16

宗教の違い

Religious Customs

今日は「宗教の違い」について書きたいと思います。
日本は仏教、イギリスはキリスト教徒。恋人や夫婦の関係に何か問題があるのでしょうか?
日本では、たくさんの人々がお寺や神社に足を運びます。大晦日、お正月、観光など、日本の風物詩として伝統的な文化です。そこでは日本独自の習慣があり、観光でお寺や神社に入る前には水で手を洗って体を清める習慣。また、お賽銭箱にお金を投げ入れ、手を叩いてお参りをする習慣など、私達は生まれてからこの習慣が身についており、特に宗教的な意味はないと考えています。


なんとなく、当たり前のことなので行っていると言っても過言ではありませんよね。ですが、外国人の方からするとこのような風習や行動は、宗教的に捉えられることが多いのです。実際に日本の神社やお寺でのお参り、お賽銭は一切しないという外国人の方も結構いるようで、これは人前でこのような儀式をすることは恥ずかしいと思ってしまうのも理由の一つだそうです。
逆に私達日本人は、イギリスはキリスト教徒の強いイメージを持っています。
休みの日には家族で教会へ行き、聖書を読んだり祈りをするというのが、イギリス人の文化の一つでもあると思っていました。
しかし、多くのイギリス人は自身がキリスト教徒であることを認識していますが、そのうちのほとんどが日本人のように、あまり宗教に対して深く考えていないのが事実のようです。大体、結婚式や葬儀の時にだけ教会に足を運びますが、祈りをすることや聖書を読むことはなく、神を信じていない人がほとんどなのです。これは宗教に属していない無宗教に近いと言えますね。
宗教に対する考え方は日本人と大して変わらないんだなぁと少し驚きました。
何度も言っていますが、国際カップルにとって相手の気持ちを考えることは常に大切です。ですので、相手がこのような習慣を望んでいない場合には何か理由があると思います。日本もイギリスも似ているので、宗教的な意味はなく習慣として行なっているということを説明すれば、理解してもらえると思います。まだ日本のことをあまり知らない相手には、もっと日本の伝統や文化に興味を持ってもらえると嬉しいですね。
今日は少し真面目な話になってしまいましたが、この宗教的な問題もカップルの間ではゆくゆく大事なことになってくると思います。日本やイギリスは特に問題はありませんが、他の宗教の問題がある国の方だと色々と大変かもしれません。
関係が深くなる前に、よく考えることも大切です。

 

※「Relationships」の記事はpart1から連載しています。合わせてこちらもご覧ください

今日のイギリス英語はチェックしましたか?このイメージをクリックしてください。

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5