EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスの様々な国籍 

イギリスの様々な国籍について

これはイギリス人のことについて話す時、最も混乱してしまうトピックの一つです。世界中のほとんどの国々では、国民全員がその国の国籍を持っていることが一般的ですが、イギリスは少し異なります。今日はそんなイギリス人の「国籍」について見ていきましょう。

イギリスの国籍について話す時は、「British/ブリティッシュ」という言葉を使うことをご存知でしょうか?

しかし、イギリスは1つの国ではなく、4つの国から成り立っています。

以下はイギリスの4つの国の国籍です。

国籍

England

イングランド

English

(イングリッシュ)

Scotland

スコットランド

Scottish

(スコティッシュ)

Wales

ウェールズ

Welsh

(ウェルッシュ)

Northern Ireland

北アイルランド

Northern Irish / Irish

(ノーザンアイリッシュ/アイリッシュ)

ではどんな人がブリティッシュなのか?

グレートブリテンの島(過去の記事で説明してます。こちらをクリックしてください。)の出身の人のことを「ブリティッシュ」と呼びます。しかし、この呼び方を好まない人がたくさんいるということを知っておいてください。多くの人々は、それぞれ自分の国の国籍を使いたいと考えているのです。

そして時々、スコットランド出身の人は、ブリティッシュと呼ばれることを嫌がります。彼らはスコティッシュと呼ばれることを好むのです。

北アイルランドは?

北アイルランド出身の人々は、正確にはブリティッシュではありません。なぜなら、彼らはグレートブリテンの島から来た人々ではないからです。

しかしイギリス人の大半はこのことを気にせず、北アイルランドはUKの一部であるため「ブリティッシュ」と呼んでいる人が多いです。

そして北アイルランドの多くの人も、自分はブリティッシュであると認識しています。また、彼らはアイルランドの島から来ているので「アイリッシュ」と呼ぶこともできます。

ではイギリス人に会う時、なんと呼んだらいいのでしょう?

正直ほとんどの場合、イギリス人には‟ブリティッシュ”と言うことができます。

下の表では、人々が国籍に関してどのように自分自身を特定しているかを見分けることができます。

国籍 好ましい選択
 

England

English

/

British

大体、どちらでも使うことができる。
 

Scotland

Scottish

/

British

ほとんどのスコットランド人はScottishと言う方を好む。何人かはBritishと言うことを拒む。
 

Wales

Welsh

/

British

ほとんどのウェールズ人はWelshと言う方を好むが、Britishとも使う。
 

Northern Ireland

Nothern Irish

/

British

ほとんどの北アイルランド人はNorthern Irish/Irishと言う方を好むが、Britishとも使う。

ご覧のように、UK各地の人々がどのように国籍を見分けているかは様々です。特にスコットランドでは、多くの人々が自分自身を「ブリティッシュ」と呼ばれることを拒み、彼らは自身がスコットランド人であると認識しています。

ほとんどの人が自分の素性について、異なる優先順位で考えることを好みます。

例えばウェールズ人の中には、最初にウェルッシュ、それからブリティッシュであるという2つの見方で見分けます。しかし別の人は、どちらか一方として認識するかもしれません。

これらを理解するのは非常に難しいですが、ほとんどのイギリス人は他国の人々と話す時には、それほど厳しい考え方を持っていないと言えるでしょう。