EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

冷静に、人生を続けなさい「Keep Calm and Carry On」

「冷静に、人生を続けなさい」

(2017年3月)

皆さんの中にはこのポスターを見たことがある人もいるでしょう。そしてこの表現を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。では、これは何?どこからきたの?そして意味は?さぁ、勉強しましょう!

このポスターは何?

写真にあるようにこれはポスターです。このポスターはとても有名ですが、ここに書かれている表現 (Keep Calm and Carry On)はポスターのデザインよりもっと重要です。このフレーズはよく知られるようになり、イギリス人はこの表現が大好きで、とても重要な国民性を表していると言われています。

ではどこからきたの?

1939年に第二次世界大戦が始まりました。イギリスとフランスは味方同士であり、敵であるドイツとイタリアと戦争をします。イギリス政府は戦争の間、国民のモチベーションを上げるために様々なポスターのデザインをしました。そして、これらのポスターをイギリスの色々な町に配りました。そしてロンドンだけでなく、他の町でもこのポスターを見かけるようになります。

では、なぜ彼らはこのようなことをしたのでしょうか?

政府は空襲によって多くの都市が破壊されるため、良い公衆の士気が必要であると感じていました。そして戦争の戦い方が変わり、国民にも被害が及ぶようになっていきます。1940年にフランスがドイツに侵略された後、イギリスだけが戦闘を余儀なくされました。まもなくイギリス全土で空襲が起こり、ロンドンのような都市の多くの地域が破壊されました。ドイツの空軍は、イギリスの人々が心を失い、政府に降伏を促すことを願っていたのです。最悪の空襲は19401941に起こり、1944年まで続きました。しかし、士気は決して壊れませんでした。この爆撃によりイギリスの人々の意志をさらに強くしたのです。

空襲によってロンドンの街は大きな被害を受けました

Keep Calm」ポスターは広域で配布されておらず、当時は非常にめずらしいもので多くの人が目にすることはありませんでした。

そして、表現が異なる下の2つのポスターもデザインされています。

「自由は危機に瀕している。全力で防衛せよ」

「あなたの勇気、元気、決意が勝利をもたらす」

Keep Calmは何を意味する?

「冷静に、人生を続けなさい」という言葉は、簡単に言うと「パニックに陥らず、あきらめずに行きなさい」という意味になります。人々は落ち着いて仕事をし、人生を続けることを期待されていました。イギリスのビクトリア時代には自己規律が非常に重要であり、彼らはそれに価値を置いていたのです。

イギリスは決して諦めることなく、後に連合国と共に第二次世界大戦で勝利しました。もしイギリスが1940年に降伏していたら、ドイツが戦争に勝利していたかもしれないでしょう。戦争の結果と歴史を予想以上に変えていたかもしれないのです。

なぜこのポスターは有名になった?

前に述べたように、このポスターは実際には使われておらず、ほとんど記憶から忘れられていました。しかし、2000年にイギリスの小さな書店でオリジナルポスターが発見されたのです。書店のオーナーはこのポスターを気に入り、それを額縁に入れて飾ることにしました。これが多くの人から反響を受け、瞬く間に人気となりました。カラフルなデザインと「KEEP CALM」というフレーズは、イギリス人に懐かしい感情を与えたのです。彼らは、戦争時代の精神と性格を表現したこのフレーズに心を打たれました。

すぐにこのポスターは再印刷され、どこでも使われるようになり、今ではマグカップやTシャツ、クッションなどで見かけることができます。今や、イギリス文化を象徴する代表的なものとなりました。デザインはシンプルですが、その背景にある意味とストーリーは奥深いのです

英国人はまだこの習性を持っていますか?

そして、国と国民は時代と共に変わっていきました。ビクトリア時代(1837-1901)は現代のイギリスとは大きく異なり、1940年のイギリス人も今とは全く違っていました。


しかし、人々のこのポスターに対する思い入れは強く、イギリス国民はこの習慣を忘れてはいけないと感じています。人々は、この精神が今日もイギリス人の人格に存在すると信じています。