EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

“Kick the Bucket”

イギリス英語「Kick the Bucket」意味と使い方を学ぼう

発音

“Kick the Bucket”     / kɪk/  /ðə/  /ˈbʌkɪt/

意味

これは珍しい表現です。「死ぬこと」を示します。誰もこの表現の由来については確信していませんが、多くの人は15世紀、または16世紀から始まったと信じています。この表現は、動かなくなった機械などに対して使うこともできます。

使い方

例1

A: Is that celebrity still alive?

A: あの芸能人はまだ生きてる?

B: No. I think he kicked the bucket a long time ago.

B: いや、彼はずいぶん前に亡くなったよ。

例2

A: This car always has problems.

A: この車はいつも問題があるんですが。

B: I think the engine is going to kick the bucket.

B: そろそろエンジンが壊れる頃だと思うよ。

注意事項

時々、イギリス以外でもイギリス英語は使われています(オーストラリア、ニュージーランドなど)。このような記事から同じ単語とフレーズを使うことができますが、ここで紹介するすべての単語やフレーズが他の英語圏の国で使用されているとは限りません。特にアメリカ英語では、イギリス英語の表現とスラングはほとんど使われていないので、ご注意ください。

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5