EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

‘Hear, Hear!’

意味と使い方を学びましょう。

発音

 Hear, hear   /hɪə//hɪə/

意味

これは、誰かが言ったことに対して同意する時に使われる表現です。この表現は17世紀の英国議会が始まりで、元々は「Hear him, hear him!」という表現でした。他人の発言に同意を示すため、政治家はこのフレーズを叫んでいたのです。この伝統は現在も続いており、議会で政治家が「Hear, hear」と叫びます。また、イギリス人は演説やある提案を聞く際にこの表現を使うことがあります。

使い方

例1

A: Why don’t we go to the pub tonight?

A: 今夜パブに行かない?

B: Hear, hear!

B: いいね、行こう!

例2

A: I think the boss should pay us more!

A: 会社は私達にもっと(給料を)支払うべきだと思う!

B: Hear, hear!

B: そうだそうだ!

 

注意事項

時々、イギリス以外でもイギリス英語は使われています(オーストラリア、ニュージーランドなど)。このような記事から同じ単語とフレーズを使うことができますが、ここで紹介するすべての単語やフレーズが他の英語圏の国で使用されているとは限りません。特にアメリカ英語では、イギリス英語の表現とスラングはほとんど使われていないので、ご注意ください。

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5