EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

“Donkey’s Years”

発音

 Donkey’s Years  /ˈdɒŋkiz//jɪəz/

意味

このイギリス英語‟とても長い間”を意味します。元々の表現は「Donkey’s Ears(ロバの耳)」であったと言われており、EarYearは同じ発音があります。また、ロバはとても長い耳を持っていることから由来しています。そして時間がたつにつれてEar」が「Year」に変わっていきました

使い方

例1

A: She’s been studying French for donkey’s years.

A: 彼女は長い間フランス語を勉強しています。

B: I didn’t know that!

B: それは知らなかった!

例2

A: That tree has been there for donkey’s years.

A: あの木は何年もの間生きています。

B: I wonder how old it is?

B: 一体何歳なんだろう?

 

注意事項

時々、イギリス以外でもイギリス英語は使われています(オーストラリア、ニュージーランドなど)。このような記事から同じ単語とフレーズを使うことができますが、ここで紹介するすべての単語やフレーズが他の英語圏の国で使用されているとは限りません。特にアメリカ英語では、イギリス英語の表現とスラングはほとんど使われていないので、ご注意ください。

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5