EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

間違えやすい英語 Part 7 “Other Countries People”

間違えやすい英語⑦

私は数年間、日本人に英語を教えています。これまでの授業の中で、たくさんの生徒が間違えた英語を使っていることに気づきました。このシリーズでは、いくつかの間違えやすい英語を紹介し、正しい使い方の英語を皆さんと学んでいきたい思っています。私はイギリス出身なので普段はイギリス英語を使用していますが、ここでの英語はアメリカやオーストラリアなどのすべての英語に該当します。

“Other countries people”

私はよく生徒から‟other countries people”という言葉を聞いたことがあります。ネイティブはこの意味を理解できますが、表現は間違っています。

正しくは‟people from other countries”です。これはかなり丁寧な表現で、私の意見では‟foreigner”と表現するよりいいと思います。‟foreigner”という言葉に特に問題はありませんが、あまり使いすぎると外国人との距離を感じてしまうことがあります。ですので‟People from other countries”と言った方がより親近感が沸きます。

実際のところネイティブは通常、‟foreigner”という言葉をあまり使わず、名前などで呼ぶようにします。

例文

×  I met many other countries people.
I met many people from other countries.

× I like talking with other countries people.
I like talking to people from other countries.

 Foreigners can sometimes speak Japanese. (この文は正しいですが、少し直接的過ぎるかもしれません)
○ People from other countries can sometimes speak Japanese.

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5