EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

間違えやすい英語 Part 38 “Local Area”

間違えやすい英語㊳

私は数年間、日本人に英語を教えています。これまでの授業の中で、たくさんの生徒が間違えた英語を使っていることに気づきました。このシリーズではいくつかの間違えやすい英語を紹介し、正しい使い方の英語を皆さんと学んでいきたいと思っています。私はイギリス出身なので普段はイギリス英語を使用していますが、ここでの英語はアメリカやオーストラリアなどのすべての英語に該当します。

Local Area

人は自分の住んでいる場所が田舎や遠方の場合、その地域について説明することがあります。私は次のように日本人が言っているのを聞いたことがあります。

“I live in a local area.”(間違い)

上の文は正しくありません。「Local area」とは田舎や遠方を意味する言葉ではなく、日本語で‟近くの地域”を意味します。

なので近所や近くに住んでいると言いたい場合でしたら問題ありません。

“I live in the local area.” (‘the’ は必須)
「私はこの辺りに住んでいます」

“There is a nice pub in the local area.”
「この近くにはいいパブがあります」

もし都心から遠く離れた田舎に住んでいると言う場合、英語ではどのように表現するでしょう?

郊外の田舎に住んでいる場合、「in the countryside/in the country」という表現を使います。Countryという単語は通常‟国”という意味がありますが、‟田舎”を表す言葉でもあります。

“I live in the countryside.”
私は田舎に住んでいます。

“I live in the country.”
私は田舎に住んでいます。

“The festival is held in the countryside.”
祭りは田舎で開催されます。

上記よりも田舎で、もし小さな村や都市郊外の地域に住んでいると言う場合、「rural area(農村地域)」と表現することができます。

“I live in a rural area.”
私は農村地域に住んでいます。

“I’d like to live in a rural area.”
農村地域に住んでみたいです。

もし住んでいる地域がさらに田舎で、スーパーやコンビニなどのない極端に遠方である場合「remote area/remote place」と表現することができます。

“I live in a very remote area.”
私はとても遠方の田舎に住んでいます。

“I want to live in a remote place.”
遠く離れたど田舎に住みたいです。

ネイティブのように表現する場合は、次のように言います。

“I live in the middle of nowhere!”
私は何もない田舎に住んでいます。

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5