EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

間違えやすい英語 Part 33 “Menu”

投稿日:

間違えやすい英語㉝

私は数年間、日本人に英語を教えています。これまでの授業の中で、たくさんの生徒が間違えた英語を使っていることに気づきました。このシリーズではいくつかの間違えやすい英語を紹介し、正しい使い方の英語を皆さんと学んでいきたいと思っています。私はイギリス出身なので普段はイギリス英語を使用していますが、ここでの英語はアメリカやオーストラリアなどのすべての英語に該当します。

Menu

今日は日本の広告やテレビCMなどでよく見られる間違いをご紹介します。

皆さんは普段何気なく「Menu」という言葉を使っていると思いますが、英語では少しニュアンスが違うため、私が耳にする時は間違った使い方に聞こえてしまいます。

<例>

A: Let’s go to that burger restaurant next to the station.

B: Yes, that’s a good idea. They have a new menu.

この例文でBさんは、最近レストランのメニューに、ある一つの商品(料理)が加わったと言っていますが、上記には間違いがあります。皆さんは分かりますか?

英語で「Menu」の定義とは、‟メニュー全体”のことを指します。

ですからネイティブが英語で「Menu」と聞くと、メニュー全てのことを言っているんだと解釈します。

要するに上の例で言うと、ハンバーガーレストランにある多くの商品が変わったり、新たに追加された場合には”new menu”という表現が正しくなります。

では、英語で1つのメニュー(商品)のことを言う場合、どのように表現するのでしょうか?通常は「Item」または「Dish」と言います。ハンバーガーレストランのメニューに1つまたは2つの新しい商品が追加・変更した場合、以下のような表現が正しくなります。

①”They have some new dishes.”
 あのレストランにはいくつかの新しい料理があるよ。

②”They’ve got some new dishes on the menu.”
 メニューに新しい料理が加わってるよ。

③”There are new items on the menu.”
 メニューに新しい料理が加わってるよ。

メニューが一部変わったことを、レストランが広告やTVなどで宣伝する場合は通常、「Latest menu」または「Latest menu items」というフレーズを使用します。

<例>
Check out our latest menu!
最新メニューをご覧ください。

<例>
Check out the lastest menu items!
メニューに加わった新商品をご覧ください。

また、メニューが大きく変わった場合には「New menu」というフレーズを使用することがあります。

<例>
Check out our new menu!
最新メニューをご覧ください。

<例文>

I want to go to that restaurant again because they have a new menu.
新しいメニューになったあのレストランに行ってみたいな。

Let’s go to that Italian restaurant tomorrow. They have a new dish on the menu.
明日あのイタリアンレストランに行こう。新しい料理がメニューに入ったみたいだよ。

This restaurant needs to change its menu.
このレストラン、全部メニューを変えた方がよさそうだね。

 

関連記事

Twitter Facebook Instagram

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5