EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

間違えやすい英語 Part 31 “Challenge”

間違えやすい英語㉛

私は数年間、日本人に英語を教えています。これまでの授業の中で、たくさんの生徒が間違えた英語を使っていることに気づきました。このシリーズではいくつかの間違えやすい英語を紹介し、正しい使い方の英語を皆さんと学んでいきたいと思っています。私はイギリス出身なので普段はイギリス英語を使用していますが、ここでの英語はアメリカやオーストラリアなどのすべての英語に該当します。

Challenge

「Challenge」という単語には実は色々な用途があり、正しく使うのが少し難しい場合があります。私は次の例文ような間違いを聞いたことがあります。

①”I want to challenge climbing a mountain.”

②”I want to challenge visiting temples on holiday.”

ネイティブはこの文で、相手が何を言いたいのかを理解できますが、正しい単語を使った方がなお良いでしょう。
「Challenge」は名詞と動詞で使うことができ、形容詞では「challenging」です。

何か‟難しいこと”について言う場合には名詞や形容詞を使用します。

「富士山を登ることは挑戦だ。」
“Climbing Mt. Fuji is a challenge.”

“Climbing Mt. Fuji is challenging.”

動詞として “Challenge”を使う場合、日本語では‟誰か(何か)に挑むこと”を意味します。

<例>
“I challenge you to a race!”
あなたにレース(競走)を挑む!

“You should challenge yourself.”
自分自身に挑戦するべきだよ。

英語を学んでいる多くの人が時々、動詞の「challenge」の使い方が分からなくなるようです。日本ではカタカナ英語の「チャレンジ」がこの意味合いとしてよく使われていますが、多くの人が使い方を間違えて覚えてしまっています。

英語で「 I want to challenge myself」と言うことはできますが、あまり頻繁には使われません。

このような時は「try」を使うのが適しています。これは個人的な挑戦など、将来の計画についてネイティブが話す際に使われる単語です。

よって、この記事の冒頭で挙げた文章を正しく言うには次のようになります。

“I want to try climbing a mountain.”
登山に挑戦してみたいです。

“I want to try and visit some temples on holiday.”
連休にいくつかのお寺を巡ってみたいです。

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5