EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

間違えやすい英語 Part 14 “Work, Walk, Want & Won’t”

間違えやすい英語⑭

私は数年間、日本人に英語を教えています。これまでの授業の中で、たくさんの生徒が間違えた英語を使っていることに気づきました。このシリーズでは、いくつかの間違えやすい英語を紹介し、正しい使い方の英語を皆さんと学んでいきたい思っています。私はイギリス出身なので普段はイギリス英語を使用していますが、ここでの英語はアメリカやオーストラリアなどのすべての英語に該当します。

“Walk, Work, Want & Won’t”

今日は発音についてよくある間違いをご紹介します。

特に「work」という単語。これはどう発音しますか?私は、この単語のスペルが、余計に読み方をややこしくしているのではないかと思います。多くの人が「work」の”wo”を日本語の”を”のように発音しています。しかしこのように発音することで別の単語の”walk”に聞こえてしまうことがあるのです。

下のように、発音の間違いによって意味が変わってしてしまう場合があります。

<例文>

I worked last Saturday.
I walked last Saturday.

この2つの文では全く異なる意味があります。ですので、正しい発音をすることが非常に重要になってくるのです。

では、”work”をどうやってネイティブのように発音するのでしょうか?

それは次のように考えると簡単です。

“work”の”wo”は別の単語”were”のように聞こえるため、「work = were + k」のように発音します。

また、”walk”は「war k」と発音します。

では次の文の発音を練習してみてください。

I walk to work every day.
I (war+k) to (were+k) every day.

発音は練習することが大事です。何度も練習すれば「work」と「walk」の発音の違いを区別できるようになります。
また別の例では、「want」と「won’t」もあります。

たくさんの人がこの2つの発音の違いを難しいと感じています。ですので、前と同じような要領で発音することをお勧めします。

「want」= “one” + “t” と発音します。

「won’t」= “woe” + “n’t” と発音します。

では次の文の発音を練習してみてください。

I won’t want it.
I (woe+n’t) (one+t) it.

 

こちらも練習することが鍵となります。では、上の例を何度か試した後に下の文章を次のように発音してみてください。

I won’t want to walk to work next Wednesday.
I (woe+n’t) (one+t) to (war+k) to (were+k) next Wednesday.

どうでしょうか?難しいですか?

慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、スムーズに単語を正しく発音できるようになれば、あなたの日常会話での発音に大きな影響を与えてくれると思います。

 

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5