EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

間違えやすい英語 Part 13 “Months & Clothes”

間違えやすい英語⑬

私は数年間、日本人に英語を教えています。これまでの授業の中で、たくさんの生徒が間違えた英語を使っていることに気づきました。このシリーズでは、いくつかの間違えやすい英語を紹介し、正しい使い方の英語を皆さんと学んでいきたい思っています。私はイギリス出身なので普段はイギリス英語を使用していますが、ここでの英語はアメリカやオーストラリアなどのすべての英語に該当します。

“Months & Clothes”

今日のよくある間違いはとても単純なものです。少し前に “Businesses”、 “Offices”などの “es”がつく複数形で、 “es”を発音しない人が多いということについて紹介しました。

しかし今日はその逆で、時々生徒が “Months”と”Clothes”と言う単語を間違って発音しているのを聞いたことがあります。
私はカタカナを使って英語の読み方を表現すると、本来の発音とは異なることがあるのであまり好きではありませんが、今日は少しカタカナを使って正確な発音を理解してもらいたいと思います。

Months

まず、「months」のことを「munth-ses(マンセズ)」のように発音する人がいます。これは間違いで、単語の語尾で”es”の発音はしません。正しくは「munths」と発音します。

正しい発音は下で聞くことができます。

 

Clothes

もう一つ、「clothes」を発音する時、「cloth-ses(クロウセズ)」と言う人が多くいますが、「clothes」という単語には1つの音節しかありません。
ですが、「cloths」とは言わないように気をつけてください。これは「clothes」とは違う意味の単語であり、「cloths」は「cloth(布、布地)」の複数形です。

正しい発音は下で聞くことができます。

 

今日紹介したことは人々が作り出した小さな間違いであり、たとえ間違えたとしても単語の意味を理解できないという訳ではありません。ですが、もし良い英語を使いたいのであれば単語を正しく発音することが重要となってくるのです。