EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

良い英語 15 「I haven’t the foggiest」

「分かりません/知りません」の英語の言い方はたくさんあります。今日はそのいくつかの表現を、最も一般的なものから紹介していきたいと思います。

まずは「I don’t know」と「I’m not sure」から見ていきましょう。

<例>

A: What time is the next train?
次の電車は何時ですか?
B: I don’t know/I’m not sure.
分かりません。

これをさらに丁寧な表現にするには「sorry」を加えると良いでしょう。

A: What time is the next train?
次の電車は何時ですか?
B: I don’t know sorry./I’m not sure sorry.
ごめんなさい、分かりません。

また、カジュアルな表現だと「I haven’t got a clue」となります。かしこまった言い方ではないので、よく知っている人や友人に対して使うことをお勧めします。もしこの表現だけで回答すると、少し直接的で冷たい印象を与えてしまうかもしれませんので注意してください。

A: Is Rachel coming to the party?
レイチェルはパーティーに来る?
B: I haven’t got a clue.
分からないわ。

また、ネイティブは主語を省いて言いますが、この場合はさらにカジュアルになります。

A: How much is a ticket?
チケットはいくら?
B: Haven’t got a clue.
分からない。

さらに直接的なのは「I have no idea」という表現です。ネイティブが‟分からない(知らない)”ということをはっきり伝えたい場合には「No idea」ということもあります。

A: Is it going to rain tomorrow?
明日は雨ですか?
B: I have no idea/No idea.
全く知りません。

アメリカ英語で ‟知らない、または理解できない”と言う時「Beats me」と言う表現を使います。これはとてもカジュアルになります。

A: How do you turn on this TV?
このテレビの電源はどうやってつけるの?
B: Beats me!
分からないな。

イギリス英語では‟分からない/知らない”と言う時「I haven’t the foggiest」という表現を使うことがあります。これは堅苦しい表現ではありませんが、非常に丁寧な言い方になります。

A: When is the next meeting?
次の会議はいつですか?
B: I haven’t the foggiest.
全く見当が付きません。

イギリス人のように話したい方は「I’m not entirely sure to be honest」という表現を使ってみてください。とても間接的で丁寧な言い方です。

A: Is the bank open today?
今日、銀行は開いていますか?
B: I’m not entirely sure to be honest.
正直なところ分かりません。

もし「分かりません/知りません」と答える機会があったら、今日紹介した表現のどれかを使ってみてください。とても自然な表現なのでネイティブのように聞こえるはずです。

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5