EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

北部英語と南部英語

イングランドの主な2つの英語

イギリス、特にイングランドには主に2つのタイプの英語があります。これらは”Northern English”と”Southern English”と呼ばれるものです。ではどのような英語なのか、詳しく見てみましょう。

主な2つの英語

私達が”Northern English”、”Southern English”と言う時、これらは北部と南部の英語のアクセントのことなのかと思うかもしれませんが、実は違います。 “Northern English”とはイギリス北部で話されている一般的な方言のことを言い、”Southern English”はイギリス南部で話されている一般的な方言のことを言います。

“Northern English”の中には異なる方言があり、それぞれの方言には異なるアクセントもあります。これは”Southern English”も同じです。

北と南

北と南の分裂は、9世紀と10世紀のバイキングの侵略により起こりました。バイキングはデンマークとノルウェーからイングランド北部に定住しました。バイキングの文化と言語は、バイキングがアングロサクソン人に敗北した後の11世紀半ばまで、すなわちイングランドでのバイキング時代が終わるまでの間、長年に渡り広まっていました。

北イングランドにある彫刻作品「エンジェル・オブ・ザ・ノース」

バイキングがイングランドを離れ、英語はイングランドの主要言語となりましたが、イングランド北部の文化や村落には深刻な影響を与えたのです。実はイングランド北部にある多くの町の名前はバイキングが由来となっており、人々はバイキングの言語の要素をいくつか維持していたことで、これが英語の発音に影響を与えるようになっていったのです。

別の北部と南部の英語の違いには、経済的及び政治的理由によるものがあります。多くの産業はマンチェスターのような産業革命の間、イングランド北部に拠点を置いており、一方で富と権力の大半がロンドンのような南部に拠点を置いていました。これらの様々な要因のすべてが南北の英語の違いに繋がったと言われています。

南イングランドのコーンウォール

このような違いは発音だけでなく、文法や単語にも表れていました。これらの違いは今日もまだ続いています。

ではどんな違いがあるのか?

北部と南部の英語の違いをすべて挙げるのは非常に難しいですが、ここで3つの違いを紹介します。

1. Trap-Bath split (Southern English)

Bath、Laugh、Grass のような単語は、北部と南部の英語では少し違った発音があります。これは”a”の母音が異なるからです。北部英語は/æ/と発音するため短い音になります。一方の南部英語の母音は/ɑː/と発音するため、/æ/より長い音になります。

2. Foot-Strut split (Southern English)

南部英語では母音/u/が、/ʊ//ʌ/に分かれていました。これは”cut”や”put”のような”U”の音が異なることを意味しています。しかしこの変化は北部英語では起こらなかったので”cut”と”put”は両方とも/ʊ/の音を使っていて、どちらも同じ音になります。

 

3. Dark L (Northern English)

北部英語で”L”は南部よりも強い発音があります。これは南部英語には柔らかい音の”Clear L” とさらに強い”Dark L”というものがあり、北部英語ではほとんどの人が”Dark L”を使っているからです。

この他にも多くの違いがありますが、すべてを挙げるのは大変なので下の動画をご覧ください。北部と南部の英語の違いについて詳しく説明しています。

YouTube LINK

文化の違い

南北の分裂は単に英語の違いだけでなく、文化の違いも生み出しました。北部の人は通常、労働者階級であると言われており裕福とは言えませんが、非常に親しみやすく気さくな人が多いです。おそらく南部の人は中流または上層階級で高等教育を受けていますが、少し冷たく他人行儀な人が多いと言われています。

多くのイギリス人が北部と南部の人格と文化の違いについて話すことがあります。また人々は、人を北部または南部出身なのかを言い当てることが好きです。もしイギリス人に会って話す機会があったら、その人が北部人(Northerner)か南部人(Southerner)のどちらなのか聞いてみることをお勧めします。面白い会話のきっかけになると思います(笑)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f6/Bottle_of_Newcastle_Brown_Ale_poured_%284by3%29.jpg

北イングランドの有名なビール「Newcastle Brown」

また、北部と南部の英語にも文化的なイメージがあります。北部英語は南部英語に比べて洗練されていないと言われていますが、北部英語のそれぞれの方言は聞き分けることが簡単です。これは北部の発音の違いがはっきりと分かるため、どこの地域なのかを識別しやすいのです。

RPアクセントは南部英語に結び付いており、これに深く基づいています。南部英語の聞き分けは北部ほど簡単ではありません。これは南部英語の方が標準的な英語であり、北部のように違いがはっきりしていないためでもあります。

有名なテレビドラマ「Game of Thrones」では、俳優達が北部と南部の英語を頻繁に使っています。キャラクターのそれぞれが、北部出身は北部の英語を、南部出身は南部の英語を使用しているのです。

北と南の境界はどこなのか?

この答えを正確に言うのは難しいです。多くの人々が北イングランドと南イングランドの境界線を地図上で記そうとしましたが不可能でした。イギリス人同士、異なる意見を持つ人が多くいるのです。

青色:北部 黄色:南部 緑色:両方の意見がある

しかし2007年には、数々の要因に基づいて北と南の境界を示す地図が作成されました。この線は北と南を2つに分ける水平な線ではなく、斜めの境界線でした。そのためいくつかの町は南部にあるように見えますが、地図上では実際は北部であると記されているのです。

スコットランドとウェールズはどちらに位置するのでしょうか?

スコットランドは明らかに北部に位置しているため北部英語が話されていますが、ウェールズに関しては複雑です。しかしほとんどの人はウェールズは北部にあたると考えています。したがってウェールズで話されているのは北部英語です。中には、ウェールズの最南端は南部と見なすべきであると主張する人もいます。

北部英語の減少

最近、過去50年間で北部英語と南部英語の違いに変化があったかどうかを調べるための調査が実施されました。調査によると南部英語はさらに人気が高まり、徐々に北部の方へと広がっているようです。これは北部英語の伝統的な特徴の多くがなくなりつつあることを意味しており、テレビやインターネットなどの技術の変化が原因であると考えられています。

しかし、北部出身であっても南部英語を話す人が多くいます。これは将来、南北の文化がまだ残っていることを意味しますが、おそらくほとんどの人が南部英語を話しているかもしれません。

 

 

Image Credit: Bottle of Newcastle Brown Ale poured by Aneil Lutchman [CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons