EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

使い方に気をつけたい英単語

英語には、男性や女性がそれぞれ使わない方がよい単語がいくつかあります。ネイティブのように話したい人は今日ご紹介する単語は使わないように注意してみてください。

“Yummy”

「Yummy」はよく耳にする言葉で、ご存知の通り‟美味しい”という意味があります。主に子供が使う言葉ですが、時々女性も使います。しかし、女性っぽい表現なので男性は使いません。もし男性が使ったら幼稚で女々しく聞こえてしまうので気をつけてください。男性は通常「Delicious」という言葉を使っています。

“Tummy”

「Tummy」は‟おなか”を意味します。時々、薬のCMで使われていますが、実際のところ「Tummy」は子供が使うか、親が子供に対して使う言葉です。なので「Stomach」という言葉の方が大人が使うのにふさわしいと言えるでしょう。そして「Tummy」は男性が使う言葉ではありません。

“Mummy”

今まで紹介した言葉に共通点があるのにお気づきでしょうか?「Yummy,Tummy,Mummy」はすべて同じように聞こえますね。これらの言葉はすべて子供が使う言葉です。アメリカ英語で、小さい子供はお母さんのことを「Mommy」と呼び、大きくなるにつれて「Mom」と呼ぶようになります。イギリス英語では幼少期は「Mummy」、大きくなると「Mum」と呼びます。しかし、大人になってもMommyやMummyと呼ぶのは幼稚に聞こえてしまいます。

“Papa”

「Papa」はヨーロッパの多くの言語で使われている「お父さん」を意味する言葉です。しかし通常、英語では「Papa」とは言わずに「Dad」と呼んでいます。イギリス人にとって「Papa」という言葉は、おそらくビクトリア時代の伝統的な表現に聞こえるでしょう。現在では、裕福な中流階級の家庭だけがこの言葉を使っているようです。

“Mate”

「Mate」はイギリス、オーストラリア、ニュージーランドでよく使われている言葉です。これは男性同士が使う言葉で、イギリスでは女性が男性に話しかける時にこの言葉を使うことは少し変です。しかし、オーストラリアとニュージーランドでは少し異なり、この2つの国では女性も「Mate」を使うことが時々あるようです。しかし、もしイギリスで女性がこの言葉を使っていたら、カジュアルすぎて少し不自然に聞こえてしまうでしょう。

“Dude”

「Dude」は‟男性”または‟友人”を意味します。この言葉はアメリカの西海岸でよく使われている表現です。サーファーがよく使う言葉なので、ほとんどのネイティブがこの言葉を聞くとサーファーをイメージするでしょう。アメリカではよく使われていますが、他の英語圏の国で使うことはあまりお勧めしません。その理由は、とてもカジュアルな表現なので相手に失礼にあたるのと、幼稚に聞こえてしまうからです。

“Seldom”

日本でも多くの人が「Seldom」という言葉を使っています。日本語で「めったに~しない」という意味になります。使い方は大体正しくネイティブも理解はできますが、実際のところ現代ではあまり使われていない非常に伝統的な言葉なのです。ネイティブのように使いたい場合には、「Rarely」または「Hardly ever」という表現の方がふさわしいでしょう。

このように、特定の状況で使わない方がよい言葉がいくつかありますが、あまり深く考えすぎないようにしてください。ネイティブは、あなたがまだ特定の言葉のニュアンスが理解できていないことを察してくれるでしょう。

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5