EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

お勧めの英語勉強法

5つの重要なこと

日本で英語を勉強することはとても難しく、また楽しみながら勉強ができていない人がたくさんいるのではないかと思います。今日は英語を勉強するために役立つ5つのポイントをご紹介していきます。

1. カタカナの使用をやめること

カタカナは英語の単語によく使われ、日本人はその発音をカタカナで読んで理解することができます。しかしカタカナは正しい英語を学んだり話したりすることにあまり役立ちません。

また海外から日本に来ているネイティブの多くが、英語を話す際に日本人の英語の発音を理解できないことがあります。例えば、 “V”の発音をカタカナで表すと “ヴィ”と発音されますが、ネイティブにとってこれは英語ではなく日本語の発音である為、分かりにくい場合があります。

カタカナを使用することで自然な発音を身につけることはできず、先程も言ったようにネイティブが聞く時にも分かりづらくなってしまいます。また、英語を読む時にも難しくなります。最初から英語のアルファベットだけを使うことは大変かもしれませんが、しばらくすると発音と理解力が大幅に向上していきます。

2. 間違えること

日本人の多くが英語を話す前に、自分の英語が果たして正しいのかを確かめたいと考えていると思います。間違った英語を使うことを恐れ、長い間黙って答えられずにいた経験がありませんか?

正しい英語の表現方法を学びたい場合、‟間違えること”はとて大事なことなのです。間違いを指摘されることで、正しい言い方を覚える可能性が高くなり学習のスピードが大幅に上がります。間違いを恐れて何も発言しなければ、英語の話す能力は減少してしまいます。英語の出力を増やすことは非常に重要なことなのです。

‟Increase Output = Improve Quickly” これを覚えておいてください。

3. 明確な目標を決める

これは最も重要な要素の1つです。例えば学校や仕事などで、必然的に英語を勉強しなければならない環境にいる人がいます。また、趣味で英語を学んでいる人は、日常生活で英語を話す必要性があるからだと思っています。

勉強するにあたって明確な目標を決める必要があります。TOEICや英語検定のようなテストにはそれぞれ目標があります。例えば学生がTOEICテストに向け、6ヶ月間勉強する際に目標を600点と掲げて取り組むとします。このような目標はその人自身を駆り立てて向上心を高めるので、無意味なことではなく成果も表れるはずです。

4. YouTubeの学習

また、多くの人がYouTubeを使って英語を勉強しています。私は、YouTubeで勉強しながら英会話教室などに通うことがいい勉強法だと思います。 YouTubeで勉強する際には多くのメリットがあります。自分の見たい時に見ることができ、家で発音を練習することができます。また、自分の興味のあるビデオを見つけて見ることもできます。

多くのYouTuberがYouTubeで英語のレッスンをしています。 「EIKOKUGO」ではイギリスのことを書いていますので、イギリス英語を教えるYouTuberをお勧めしたいと思います。次に紹介するYouTuberは私のお勧めの人達です。興味がある方は是非見てください。

English with LucyYouTube

Learn English with Papa Teach MeYouTube

Learn English with GillYouTube

5. あまり多くの単語ばかりを覚えるのは不要です

私は、多くの人があまり使わない単語を必死で覚えようとしていることに気づきました。

日本ではTOEICのようなテストが重要です。なぜなら多くの企業が英語の資格を必要としているからです。前にも言ったように、テストを受けることは個人的な目標を設定するのに役に立つのです。

しかし、テストのための勉強と流暢に話すための勉強には違いがあることを覚えておいてください。テストでハイスコアを獲ることは可能でも、話す力は上達しません。英語を堪能に話せるようになるためには200個の単語を覚えるのではなく、20個の単語を覚え、その単語の使い方を20通り覚えることの方がもっと良いと思います。賢い人は、単語は勉強の中で必要な時に覚えているのです。

 

今日紹介した5つが、皆さんの英語の学習に役立ててもらえると嬉しいです。ですが勉強しすぎはよくありません。時々自分で難しく考えすぎてしまうことがあります。英語を勉強することは決して簡単なことではありませんが、理解し話すことができた時の喜びは大きいです。英語によって世界観が広がり、人生はもっと楽しくなるでしょう!

 

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5