EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

チャールズ・ダーウィン Charles Darwin

世界的自然科学者「チャールズ・ダーウィン」

名前: Charles Darwin
チャールズ・ダーウィン

出身: シューズベリー、イングランド

誕生: 1809年2月12日

死没: 1882年4月19日

職業: 自然科学、博物学

チャールズ・ダーウィンは著名で裕福な家庭の、6人兄弟の一人として生まれました。幼少期は質の高い教育を受けて育ち、自然が好きな子供でした。父親は名医として有名で、チャールズに医学部入学を薦めますが、彼には興味がありませんでした。自由な考えを持つチャールズは、信仰よりも、論理や理性に興味を持っていました。

ある日、彼はサウスアメリカの自然を研究するHMSビーグル号の乗船に招待され、航海に出ます。陸に着いてから長い間、自然の研究をし、現地の地元の人々と出会います。チャールズは、人類は同じ起源を持っており、「全ての生物種の先祖は共通である」と結論づけました。

彼は航海と旅を続け、ガラパゴス諸島やオーストラリアで、植物や動物についての研究を続けます。1859年、著書「種の起源」が発表され、進化論を確立しています。この時、最も有力な科学的説明とも言われました。1870年、科学者とイギリスの大衆に、進化論が本物だと認められます。この進歩は国を大きく変え、人々が社会を理解する為には科学がより重要だ、とされました。

チャールズ・ダーウィンは1882年に亡くなり、ウェストミンスター修道院に埋葬されました。

人間の歴史において、彼が最も影響力のある科学者であると信じる人は少なくありません。

 

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5