EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イングランドの紹介「England」

イングランドはどんな国?

イングランドは最もよく知られているイギリスにある国です。この記事ではそのイングランドについて詳しく説明していきたいと思います。

イングランドはイギリス最大の国であり、人口が最も多いです。そしてイングランドの首都はイギリスの首都でもあるロンドンです。イングランドの南海岸はフランスからわずか数マイルのところにあり、電車やフェリーで行くことができます。

赤色の部分はイングランド

イングランドには山はありませんが、峰(大きな丘)があり、ロンドン、バーミンガム、マンチェスター、リバプールなどの大都市もあります。イングランドには国立公園がたくさんあり、最も美しい地域と言われているのが、南部のコッツウォルズと北部のピーク・ディストリクトです。イングランド周辺には小さくて趣のある村がたくさんあります。そしてイングランドにも多くの歴史があり、「ストーンヘンジ」は最も有名な史跡です。

イングランドの田舎の平地はなだらかです

イングランド南西部にはコーンウォール州と呼ばれる地域があり、この地域の文化は他の場所とは異なります。なぜならコーンウォールはブリテン島にあるケルト地域の一つであり、アングロサクソンの地域ではありませんでした。1066年、ノルマン人がイングランドを侵略後、コーンウォールはイングランドの一部となりました。しかしコーンウォールは何百年もの間、独自の言語と文化を保持し続け、今でも最初のケルト語は少数の人々によって話されています。コーンウォールは千年の間イングランドの一部でしたが、現在のコーンウォール出身の多くは、自身はケルト系であり他のイングランド人とは異なると感じています。コーンウォール州の一部の人々は、イングランドから独立して独立国になりたいと考えていますが、この意見に対する支持は多くはありません。

ドーバーの白い崖

言語

皆さんも知っている通り、イングランドの言語は英語です。英語は世界のビジネス言語となり、世界中で話されています。そして英語には長い歴史があり、現代のイングランドには多くの地域の方言やアクセントが存在しています。日本の人々はイギリス英語のことを“ブリティッシュ・イングリッシュ”と呼びますが、イギリス人のほとんどは“イングリッシュ”と呼びます。そしてイングランドの様々なアクセントは、海外の人々にとって理解しにくいこともあるようです。

イングランド人

多くのイングランド人はイギリス人であると認識しますが、一部の人々はイングランド人であると認識しています。昔から、イングランド南部は北部に比べて裕福な人が多い地域でした。これは今日も存在している、経済社会の格差を作り出したと言われています。南部の人々は「富裕層」とみなされ、北部の人々は「労働者階級」であると言われていました。しかしこのイメージは、今では伝統的な身分制度がなくなりつつあるため、ゆっくりと変化しています。北方人は親しみやすく知らない人にも友好的であると言われていますが、これは人によって異なります。

イングランドのシンボルでもあるイングリッシュオークと呼ばれる広葉樹

ほとんどのイングランド人は皆、フレンドリーで礼儀正しいと言われています。 しかし特徴として、彼らは控えめな性格を持っています。よく知らない人に対しては、個人的なことについては本当の意見を言いません。またイングランド人は一般的にユーモアのセンスがあり、お酒を飲みながら友達と話すことを楽しみます。そして彼らは伝統主義者でもあり、たくさんのイングランド人が君主制を支持し、伝統的な文化や習慣を維持していきたいと考えています。

食べ物

イギリスと言えばフィッシュ&チップス

よく知られているイングランドの食事は、サンデーロースト、フィッシュ&チップス、アフタヌーンティーのサンドイッチやスコーンなどです。しかし最近では、カレーが最も有名となっています。多くのインド人が19世紀にイングランドに移住し、彼らと共にインドの食文化が伝えられたのです。イギリスではたくさんのカレーが作られており、現在イギリスで最も人気があるのは「チキンティッカマサラ」です。フィッシュ&チップスが一番有名な食べ物だと人々は考えますが、これは古くからのイメージが残っているだけで実際は違います。

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5