EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

アフタヌーンティー 「Afternoon Tea」

伝統的な英国文化

今日はイギリスのアフタヌーンティー文化はいつ始まったのか、また「High Tea/ハイティー」と「Low Tea/ローティー」の違いについて学びましょう。

アフタヌーンティーの由来

アフタヌーンティーは1840年代半ばに、イングランドからとり入れられた文化です。アンナ・ラッセルという女性(公爵夫人)がこの文化を広げました。この頃、人々が食事をするのは1日2回朝と夜だけでしたが、アンナは夕方4時ごろになると小腹が空いて疲れたので、自分の部屋で紅茶を飲み、お菓子を食べ始めました。そして彼女は友達とレストランでこの習慣を楽しむようになりました。この文化は上層階級の人達の間ですぐに広まり、とても流行となったのです。

アンナ・ラッセル

アンナ・ラッセルもまた、ビクトリア女王の親しい友人でした。女王はアンナからアフタヌーンティー文化を採り入れていたようで、その後女王がアフタヌーンティーを習慣のように行っていたことにより、国内で非常に人気となりました。

後に上層階級の人達だけでなく、労働者階級の人達の間でもこの文化は広まり、定期的にお茶を楽しむようになりました。しかし紅茶は高く、彼らにはこのようなことを長く続けることができませんでした。

High TeaとLow Teaの違いは?

上層階級の人々は、紅茶と一緒にサンドイッチやお茶菓子を楽しみ、これが午後の時間帯に行われていたことから「アフタヌーンティー」と呼ばれるようになりました。

そしてこの午後2時から4時の間、高級なティールームでは伝統的な「Low Tea」が提供されていました。小さなケーキとフィンガーサンドイッチ、そしてスコーンが一緒に出され、紅茶はダージリンなどの高級な紅茶を使っていました。そしてテーブルとソファの高さが低いことから、‟Low Tea”として親しまれていたのです。

また労働階級の人達は大体6時頃に仕事から帰宅し、彼らは夕食と一緒に紅茶を楽しんでいました。

ローティーほど豪華ではないですが夕食時に紅茶を楽しむスタイルなので、肉や野菜などの料理と共に低価格な紅茶をマグカップで飲むといったとてもラフな感じで親しまれていました。

そして、このように家族と食卓を囲みながら高さのあるテーブルで飲むスタイルから、‟High Tea”と呼ばれるようになったのです。

後にこのスタイルが当たり前になり、この時間を”Dinner time”ではなく、”Tea time”と言うようになりました。最近でもまだイギリスではこの表現が使われており、人々は夕食の時間を”Tea time”と呼んでいます。

近頃、ホテルでは昔の「Low Tea」のスタイルのことを「High Tea」と言います。

なぜならば、多くの観光客にとって「High Tea」は、より豪華で高価なイメージが持たれているからです。ですが実際はローティーはハイティーよりも豪華なのです。

イギリス人はまだこの文化を行っていますか?

実際はそんなにしていません。昔に比べて多くの人達が紅茶を飲むようになり、アフタヌーンティーの文化はオシャレで流行になりましたが、現在、定期的に行う文化ではありません。最近では紅茶はコーヒーのように親しまれ、どこでもいつでも飲まれています。

しかし日本人が「抹茶の文化」を時々楽しむように、イギリス人もレストランなどでアフタヌーンティーの文化を楽むことができます。特にロンドンが主流です。

アフタヌーンティーはどこで体験できる?

多くのホテルやレストランから選べます。金額は一人10から60ポンドくらいとなりますが、これはあなたが求める雰囲気や経験によります。

最も人気なホテルでは特に上品な雰囲気を提供しています。これらのホテルは観光客に最も人気ですが、もっと安い場所を選ぶこともできます。オンラインで探せば、すぐに自分の希望に合ったところを見つけられるでしょう。

下のサイトでは、ロンドンにあるアフタヌーンティーを探すことができます。もし英語が理解できる方は是非見てみてください。

https://afternoontea.co.uk/uk/london/

また、アフタヌーンティーを楽しめる最も有名な場所の一つは “Fortnum & Mason”です。実際に行った人のレビューを知りたい方はこちらからご覧ください。

是非ロンドンに来た際には、アフタヌーティーを経験してみてはいかがですか?