EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

最も有名なイギリス人‟サバイバルの達人”

過酷な環境の中で生き残るためには

最近、サバイバルのドキュメンタリー番組が注目を集めており、特にYouTubeでは多くの人がその番組を見ているようです。この記事では、今人気を集めている最も有名なイギリス人‟サバイバルの達人”をご紹介します。では、彼らの人気の秘密を見ていきましょう。

Bear Grylls(ベア・グリルス)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f7/Coventry_Scouts_groups_have_a_visit_from_Bear_Grylls.jpg

まず、”Bear”は彼の本名ではありません。本名は”Edward Micheal Grylls”です。彼はかつて、イギリスのSAS(特殊空挺部隊)の一員でしたが、現在はサバイバルインストラクター兼テレビ番組の司会者として活躍しています。彼は北アイルランド出身ですが、4歳の時に家族と共にワイト島に引っ越し、英語、フランス語、スペイン語の3か国語を話すことができます。そして1994-1997年の3年間、イギリス軍特殊部隊SASで活躍しました。しかし、トレーニング中のパラシュート降下の際に事故に遭い、背骨を骨折する大けがを負った後SASを引退することとなります。その後の1998年、彼は23歳にしてエベレスト登頂を果たし、最年少のエベレスト登頂としてギネスブックに認定されました。しかし後に、その記録は破られています。

ベア・グリルスは、厳しい環境の中で生き残ることについて多くのテレビ番組を制作しました。彼はいくつかの国を旅する中で、崖を登ったり、ヘリコプターからのパラシュート降下、アイスクライミングなどの離れ業を行うなど、彼のパフォーマンスは見る人をハラハラドキドキさせました。しかし、荒野でのエピソードを撮影している間、彼とカメラマン達は時折ホテルに滞在していたことが明らかになったのです。さらにテレビで見る危険な状況のほとんどは実際に起きたことではなく、ねつ造ではないかと言う人も多くいます。このようなことから、ベア・グリルスは真のサバイバル達人ではないと言われていますが、膨大な知識とスキルを持ち、彼に実績があることを否定することはできません。

Ed Stafford(エド・スタッフォード)

彼の本名は”Edwards James Stafford”です。彼はケンブリッジシャーで生まれ、レスターシャーで養子として育てられました。彼は若い頃からボーイスカウトに参加し、そこで基本的なサバイバルスキルを学んでいました。そして1999年にはイギリス軍に入隊した後将校となり、軍にいる間は何百人もの新兵を訓練し、2002年には大尉として陸軍を去りました。

エド・スタッフォードは2010年に一躍有名となりました。この時彼はアマゾン川の全長を踏破した最初の人間となり、2012年以降は荒野で生き残ることについてのテレビ番組をいくつか制作しました。彼は多くのドキュメンタリー番組の中で、着る物も何もない過酷な環境に置かれており、自身のスキルと知識だけで生き残らなければなりませんでした。最初のエピソードの1つは、太平洋の島で60日間を過ごすというもので、彼の唯一の所持品はラジオと医療用品、そしてカメラの入った緊急用のバックパックだけだったのです。

YouTube (LINK)

彼のYouTube動画は最近日本で注目を集め、ドキュメンタリーの内容はとても興味深いものとなっています。撮影はすべてエド・スタッフォード自身が行っており、彼はよくイギリス最大の探検家、そして現代の冒険家と呼ばれるようになりました。

Ray Mears(レイ・ミアーズ)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/44/Ray_mears_optics.jpg

イギリスではベア・グリルスとエド・スタッフォードが人気を集めていますが、ほとんどのイギリス人はレイ・ミアーズがサバイバルの達人の最高峰だと言います。レイ・ミアーズは他の人物とは大きく異なり、グリルスとスタッフォードは生き残るために必死で努力をしなければならない、刺激的かつ危険な環境に焦点を当てていましたが、レイ・ミアーズはイギリスの森林でサバイバルを伝授することを主に行っていました。

彼は若い頃、キングスレー・ホプキンズと呼ばれるイギリス人に柔道を学び、彼はイギリスで柔道の知名度を上げました。キングスレー・ホプキンズは第二次世界大戦中ミャンマーのジャングルで戦っていたため、多くのサバイバル知識を身に付けました。そしてその経験をレイに教え、その後まもなくしてレイは、サバイバルスキルについてさらに詳しく学びたいという気持ちになったようです。

そして1980年代に、レイ・ミアーズは「Bushcraft」と呼ばれる生活の知恵を教える団体を立ち上げました。ブッシュクラフトとは「荒野のサバイバルスキル」の別の言い方ですが、彼は自然について学び、調和して取り組む必要があることを教えています。2000年代初頭、基本的な生存技術についてBBCで多くのドキュメンタリー番組を制作しています。

YouTube (LINK)

彼のプログラムでの中で、イギリス人が祖先のスキルを忘れずに彼ら自身の土地に対する深い知識を保ち続けることが重要であると考えています。彼はイギリス人が6000年前の技術を用いて狩猟、採餌、手技をすることにとても興味を持っています。彼の教え方は穏やかで事細かであるため、人々は物事を深く理解することができます。彼のプログラムでは、自身を危険にさらすことはせず、どのように行うべきかを時間をかけてゆっくりと教えることに集中しているのです。

もしこの3人の番組に興味を持った方は、YouTubeで詳しく見ることができるので是非ご覧ください。

 

 

Image Credit: Bear Grylls by Jamie Gray from Englandwww.jamiegrayphotography.co.uk [CC BY 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia Commons

Ray Mears by FieldsportsChannel TV [CC BY 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia Commons

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5