EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリス版「カップヌードル」 Pot Noodle

イギリスのポットヌードル

日本では皆さんもよく知っているカップヌードルが大人気ですね。イギリスのカップヌードルは“ポットヌードル”と呼ばれています。このポットヌードルは1977年から販売されており、どこの店でも買うことができます。現在では14種類の味のポットヌードルがあります。そこで今回はこのポットヌードルのレビューをするために、色んな味を買って食べてみたのでご紹介します。私はイギリス人なので日本人と多少味覚が違うかもしれませんのであしからず(笑)


ポットヌードルはイギリスではとても低価格なインスタント食品であり、またこれを不味いというイギリス人は実はたくさんいるんです。
では、そのポットヌードルの中身を見ていきましょう。

オリジナルカレー味

カレー味のポットヌードルはそんなに辛くはありませんが、もし辛かったら水を少し多めに入れて調節するといいと思います。カレーの匂いは強いですが、そこまでパンチの効いた味ではなかったです。
スコア 6/10

ビーフ&トマト味

これは昔から私が好きな味で、かなりビーフの風味が強いです。私はよくこれにトマトケチャップを加えて食べてますが、ケチャップを入れることによりさらに美味しくなる気がします。このビーフ&トマト味はほとんどの人が好きな味だと思います。
8/10

チャイニーズ焼きそば味

この味には少しびっくりしました。最後にいつ食べたかは覚えていませんが、思ったよりとても美味しかったのは覚えています。味は他のポットヌードルとはまったく違って、名前の通り焼きそば味のヌードルでした(笑)
8/10

スイート&サワー味

なんとなくあっさりしていて食べやすい味だと期待していましたが、いざ食べると酸味が少し強くてあまり美味しいとは言えなかったです・・・。
4/10

ボンベイ(ムンベイ)バッドボーイ味

このポットヌードルの名前は、インドにあるムンバイ市(昔はボンベイ市と呼ばれていました)にちなんで付けられていて、香辛料が有名な町で知られていました。その名の通り、どれだけ辛いのか楽しみにして食べたのですが、期待通り結構辛かったです(笑)。スープがなくなるにつれて辛さは増しますが、味自体は辛さが強いだけで特別美味しい味ではなかったです。
5/10


他にもたくさんの味のポットヌードルがあるので機会があれば、色々と食べ比べてみてください。
日本へのお土産として買ってみてもいいかもしれません。


特徴として、このポットヌードルのスープはドロッとしていて麺が短いです。これを聞くと不味そうなイメージかもしれませんが(笑)話の種に一度お試しください!ちなみに日本人の私の妻は思ったより美味しいと言っていました。

 

 

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5