EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

ブーディカ Boudica

イギリスの歴史上最も強い権力を持っていた女性

名前: Boudica
ブーディカ

出身: イギリス

誕生: 不明(1世紀)

死没: 紀元後60〜61年

反乱軍の総師

ブーディカはイギリスの歴史上で有名な女性です。

イギリスの歴史の中では記録があまり残されていないため、ローマの歴史から彼女のことを知ることができます。
ブーディカはケルト人のイケニ族でした。また、彼女の夫プラスタグスはケルトの王でした。この時ケルトとローマは同盟関係を結び両国の平和を保っていたのです。

プラスタグスの死後、妻のブーティカと娘が彼の王座を継承するものとされました。そしてローマの王としても認めらていましたが、プラスタグスの死後、ローマ帝国はブーティカを襲撃し娘達を強姦しました。

ローマ人はこの歴史を真実だとは認めておらず、ケルト人がローマ人に沢山の金を要求して没収した、膨大な課税を求めたといいます。
どちらにせよ、ローマ人の訴えは作られたものだとみられます。ケルト人を恥じ、優位に立とうとしていました。

この襲撃事件からブーティカはローマ人への反逆を決め、自らがリーダーとなり動き始めます。ケルト人は現代のイギリス東海岸にあるノーフォークに配置されました。一方でローマ兵は反対の西側に配置され、アングルシー(ウェールズ)に残るケルト人を残らず制服しようとしました。

ローマ兵はブーティカに接触しようとしますが、遠すぎたために失敗に終わります。

紀元後60~61年頃ブーティカは大量の兵士を集め、ローマの都市カムロドゥムナム(現在のコルチェスター)を襲撃しました。沢山のローマ人を殺し、街を焼き尽くしました。

その後、軍兵をロンディニウム(現在のロンドン)へ侵略を進めました。ローマ帝国の総帥を務めていたガイウス・スエトニウス・パウリヌは出来るだけ早くブーティカの率いる軍に接触しようと、ウェールズから西イングランドへ軍を進めました。

しかしロンディニウムに到着した頃には、既に街は襲撃されおり、沢山の駐屯地の兵士たちは殺されました。

スエトニウスの敗北、そして英国のローマ人の敗北と追放がブーティカの望みでした。
彼女は更に軍を拡大し、230,000人の兵士を率いていたと言われています。ローマ兵はわずか10,000人しか残っていませんでした。その知らせを聞いた時、ローマ帝王は英国にいるローマ兵を撤退させようとしました。ローマの英国の未来は危機に晒されました。

スエトニウスとブーティカの兵士は英国のミッドランド付近で遭遇しました。これが一番最後の戦いとなります。この戦いは「ワトリング街道の戦い」と呼ばれます。ブーティカの軍は激しく攻撃しますが、スエトニウスはローマ軍でかなり鍛えられていたため有能で、土地を利用した戦略を立てました。

ローマ兵は徐々に城を襲い始めます。歴史家はこの戦いで、ローマ兵は400人の兵士を失い、ケトル兵は80,000人を失ったと言っています。そして残りのケルト兵は逃げ、ケルト人は完全に打ち負かされたのです。

この戦いの後、ブーティカに何が起こったのかは詳しく知られていません。歴史家によると、この後すぐに亡くなったのではないかと言われています。しかし処刑、自殺、病死など彼女の死については諸説があります。

ブーティカはイギリス・マイスの王となり、彼女は兵士達に恐怖心を与えた強い女性として人々に知られています。
また、英国のローマ兵のほとんどを破滅に追いやり、英国の島一帯を残りわずかなところで終わらせるほどの強い力を持っていたのです。

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5