EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスの花火「ガイ・フォークス・ナイト」

イギリスで11月5日に行われる有名な祭

今日はイギリスで最も人気のある祭りの一つについて話したいと思います。この祭りには様々な呼び名があり、最もよく知られている名前として「Guy Fawkes Night(ガイ・フォークス・ナイト)」、「Bonfire Night(ボンファイヤー・ナイト)」、「Fireworks Night(ファイヤーウォークス・ナイト)」などがあります。この祭りは毎年11月5日に開催されます。では、この祭りの由来について見ていきましょう。

1605年

この時のイングランドの王は‟ジェームス1世”であり、彼はプロテスタント王でもありました。当時のイギリスではカトリック教徒の大きな迫害があり、人々はカトリック教徒が王位の敵であったと感じていました。多くのカトリック教徒は宗教の信仰を隠さなければならなく、また彼らの多くが処刑されていました。これが大きな不安をもたらし、1605年にカトリック教徒の一つのグループは王の暗殺を企てたのです。

爆薬の陰謀

ロバート・ケイツビーというカトリック教徒の男がこのグループのリーダーでした。グループには約13人の男達がおり、そのうちの1人は‟ガイ・フォークス”と呼ばれていました。また、時々彼の名は‟Guido Fawkes”と綴られました。

右から3人目:ガイ・フォークス、2人目:ロバート・ケイツビー

ジェームス王は11月5日貴族院を訪問する予定があったため、グループはこの建物の地下に沢山の火薬の樽を置き、爆発の準備をします。ガイ・フォークスは軍隊の経験があったのでこの計画で爆薬を担当しました。

計画の失敗

誰かが匿名で政府にその計画を知らせました。 11月5日の夜、軍隊が貴族院の地下を捜索していると、ガイ・フォークスが火薬に火をつけようと準備していたところをちょうど発見したのです。彼は逮捕され、計画は失敗に終わりました。他の共犯者達は逃げ出しましたが数日後に捕まりました。

また、ロバート・ケイツビーは銃撃戦で殺害されました。 1606年にガイ・フォークスは拷問を受け、自白のサインをします。彼と他7人のメンバーは死刑を宣告され、首吊りと残酷な方法により処刑されました。歴史家によると、ガイ・フォークスは処刑される前に高い壇上から飛び降りたために即死したのではないかと言われています。また他の歴史家の中には、ロープが落ちた瞬間に首の骨が折れて死んだと言う人もいます。

軍隊がガイ・フォークスを見つけた瞬間

11月5日を忘れないで

国民は、毎年11月5日に大きな火を灯して王の暗殺の失敗を祝うよう教えられました。これが‟ボンファイヤー・ナイト(焚火の夜)”という名前の由来です。数年後の1650年頃には、祭の最中に花火が打ち上げられ、これが祭りのメインイベントとなりました。

また人々はガイ・フォークスの人形を作り、これを‟ガイ”と名付け、子供たちはこの人形を作るのにかかった費用を家々に集金に行くのです。

イギリスには有名な ‟Penny for the Guy”という表現があります。 11月5日の夜、人々は炎の上に “Guy”を置いて燃やします。

ほとんどのイギリス人が、この1605年の出来事を記念して書かれた詩を知っています。

Remember, remember, the 5th of November
The Gunpowder Treason and Plot;
I know of no reason why Gunpowder Treason
Should ever be forgot.

忘れるな、忘れるな、11月5日を。
爆薬の反逆と陰謀の日を。
この事件が忘れ去られるべき理由はどこにもないはずだ。

現在の「ガイ・フォークス・ナイト」

イギリス人は毎年この風習を祝福しています。しかし主な目的は‟花火”です。多くの人が “A Penny for the Guy”の文化を必要としなくなっています。何人かの人々はこの人形を作ることを好みませんが、何人かはまだこの文化を続けています。大がかり火(Bonfire)はまだ人気があり、多くのイギリス人は花火を見て温かい食事を食べたり、祭りを見ながら外でホットドリンクを飲んで楽しみます。通常は赤ワインと香辛料の入ったマルドワインという温かい飲み物と、ジャケットポテトがよく食べられています。余談ですが、日本に比べるとイギリスの11月の気温は少し寒いかもしれません。

とても大きなBonfireを行う所もあります

ガイ・フォークスの影響

2005年に”V for Vendetta”(Vフォー・ヴェンデッタ)という映画が放映されました。この映画の主人公は、ガイ・フォークスの仮面を被る謎の男です。おそらく見たことがある人もいるはずです。仮面は実際のガイ・フォークスをモデルにしており、世界中で非常に人気を集めたことでよく知られています。なぜならインターネット上で多くの人々が被ったり、デモの際に使われているからです。 400年前に生きていたガイ・フォークスが未だ現代社会に影響を与えているのはとても興味深いことです。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/db/Original_Guy_Fawks_mask_from_V_for_Vendetta_%285400848923%29.jpg

映画「Vフォー・ヴェンデッタ」に出てくる仮面

一部のイギリス人は、ガイ・フォークスの話が面白いと感じています。ほとんどのイギリス人が彼が反逆罪を犯し、その罪に対して処罰されたことに同意しています。しかし一部のイギリス人は処刑の出来事からは離れて、ただ祭と花火を楽しみたいと感じているのです。

イギリスのどこでもガイ・フォークスの夜を楽しむことができます。ほとんどの町や都市で見ることができますが、もちろんロンドンで行われる祭りが一番素晴らしいです。

 

Image Credit:

Firework photomontage by By Billy Hicks (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

Original Guy Fawkes mask from V for Vendetta by Enrique Dans from Madrid, Spain (We are legion Uploaded by SunOfErat) [CC BY 2.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.0)], via Wikimedia Commons

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5