EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリス人全員が好きではないもの

一部のイギリス人が苦手なものとは?

日本の伝統芸能と言えば歌舞伎です。多くの外国人はすべての日本人が歌舞伎を好きだと思っているようですが、歌舞伎を好きではない日本人がたくさんいるのが現状です。この例と同じように、イギリスでも他国の人々にとってイギリス人全員が好きだろうと思い込んでいるものがいくつかあります。そこで今日はそれらについて挙げたいと思います。

ここで言いたいことは、‟大多数のイギリス人が○○を好きである”という事実を否定している訳ではなく、○○を嫌いなイギリス人が予想以上に多いという事実を挙げています。

ハリー・ポッター

これを聞いて驚く人も多いかと思います。もちろん多くのイギリス人がハリー・ポッターが好きですが、実際に嫌いなイギリス人もいます。そして嫌いな人の割合が少なくないのも事実です。

嫌いな理由の1つとして挙げられるのは、他のイギリス人がハリー・ポッターを好きすぎるために、その事ばかり話しているからです。実際に多くのハリー・ポッターファンが、自分の生き方とハリー・ポッターを照らし合わせて比べているようです。例えばある政治家のことが気に入らなければ、その人を物語の悪役に置き換えて表現するなど、これはファン以外の人々にとっては迷惑なことのようです。

また、ハリー・ポッターは子供向けの物語なので大人が執拗に興味を持つものではないというのも理由に挙げられます。ハリー・ポッターの本は、ロード・オブ・ザ・リングなどのようなファンタジー物語に比べるとかなり単純化され、執筆スタイルや筋書きに深みがないと主張する人もいるようです。

個人的には、過剰暴露しすぎているのも理由の一つだと思います。イギリス中であまりに促進しすぎると、人々は見飽きて疲れてしまうでしょう。

オアシスの曲「ワンダーウォール」

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/03/Oasis_Noel_and_Liam_WF.jpg

皆さんもご存知の通り、オアシスはイギリスの有名なバンドです。彼らは1990年代後半~2000年代初頭にかけて大ブレイクしましたが、現在でも非常に高い人気を集めています。多くの人は、イギリス人はパブなどでオアシスの曲を一緒に歌うのが好きだというイメージを持っているようです。「Wonderwall」というオアシスの最も有名な曲があり、多くのイギリス人はこの曲が好きですが、嫌いな人も多くいます。

それはなぜでしょう?

主に多くのイギリス人がオアシスを嫌っているからです。ノエルとリアム・ギャラガーは失礼で侮辱的な人としてよく知られており、彼らを馬鹿だと言うイギリス人が多くいます。また多くの人は曲が過大評価され、実際にはそれほど良い曲だとは思っていません。その曲調がとても重苦しく退屈だと言う人もいるようです。

サッカー

サッカーはイギリスで最も人気のあるスポーツですが、大嫌いなイギリス人も多くいます。ではなぜでしょう?

それはサッカーはイギリスのそこらじゅうに常に存在しているからです。もし嫌いであれば、テレビなどを観る必要はないと思う人もいますが、サッカーは職場や社交行事などでよく話題に取り上げられ、そのことについて話したい人が多くいます。そして興味のない人は、サッカーファンが話をやめないことに対してイライラするようです。

W杯のシーズンを嫌がる人がたくさんいますが、それはこの時期になるとサッカーがスーパーやラジオなど、どこでも促進されるからです。人が趣味を持つことは良いことであり、それがサッカーであってももちろん構いませんが、人生や生活の中でバランスをとることも重要であり、サッカーだけでなく他の事にも興味を持つことが必要ではないかと感じる人が多くいるのです。

エド・シーラン

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c1/Ed_Sheeran_%28cropped%29.jpg

エド・シーランは多くの有名な音楽を作曲していますが、彼の音楽に飽きてきているイギリス人がたくさんいます。彼の曲すべてがほとんど似たような曲調で、さほど違いがないと言う人もいます。さらにラジオでは毎日のように何度も彼の曲が流れるため、多くの人がエド・シーランの曲が始まるとチャンネルを変えてしまうようです。

クリスマス

もちろん、多くのイギリス人はクリスマスが好きです。しかし時が経つにつれて、好まない人も増えてきているようです。それはなぜでしょう?

クリスマスには家族が1つの家に集まり、夫や妻の家族と一緒に過ごしたりします。これは多くの人にとっては、一緒に居たくない人と時間を過ごさなければならなくなります。数日間同じ家に泊まって過ごすことで最終的にはそれがストレスとなり、ちょっとした喧嘩につながってしまう場合があるようです。

クリスマスを好きではないというもう一つの理由は、その日があまりにもビジネス化されているのではないかということです。昔のクリスマスはキリスト教の風習であり、また家族と一緒に過ごす時間と健康で幸せに暮らせることに感謝の意を表すのが目的でした。しかし最近では高価なプレゼントを買い、色々な買い物をすることが多くの人にとって重要になってきているようです。

そして年々、クリスマスは早い時期から促進されつつあります。クリスマスのデコレーションやCM、クリスマスソングは11月上旬から始まるため、クリスマスが2ヶ月間行われるイベントのように感じてしまうことを意味します。

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んだ後にハリー・ポッターやエド・シーラン、クリスマスを好きではないというイギリス人に会っても驚くことはないでしょう!

 

 

Image Credit: Oasis Noel and Liam WF Will Fresch [CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0) or CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons

Ed Sheeran (cropped) Eva Rinaldi from Sydney, Australia [CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5