EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリス人は他の国の英語をどう思うのか?

イギリス人の意見を見ていきましょう

イギリス人はよく、英語の様々なアクセントや異なる話し方を耳にしています。今日はイギリス人以外の人が話す英語を、イギリス人はどう考えているのかについて書きたいと思います。しかし今日書く内容をあまり真剣に受け止めないでください。すべてのイギリス人が同じ考えだとは限らないので、目安として読んでいただけると幸いです。

ではまず、イギリス以外の英語圏の国から見ていきましょう。

アイルランド

大抵のイギリス人はアイルランドの英語が好きです。アイルランドのアクセントは愉快でメロディーのように聞こえます。イギリス人の中には、アイルランド英語のアクセントが強くて聞き取りにくいと言う人もいますが、それでもこのアクセントは好まれているようです。

アメリカ

多くのイギリス人がアメリカ英語に対して強い意見がなく、中立的に見られています。ほとんどのイギリス人は、シンプルまたはカジュアルな形式の英語であると言います。

しかし正直なところ、イギリス人全員がこのように感じているわけでははありません。

イギリス人の何人かはアメリカ英語とそのアクセントを好んでいないのです。その理由として、イギリス人がアメリカ英語はガサツであると感じているからです。これは主にアメリカ人が敬語での表現をあまり使わなくなり、直接的な言葉を使って話している傾向があることが原因です。また一部のイギリス人は、アメリカ人はとても大きな声を使って話すと感じています。

いくつかの地域のアメリカアクセントは他の地域よりも良く見られています。しかしカリフォルニアやL.A.などの西海岸のアクセントは、多くのイギリス人が品がなくダサいと感じることがあります。

カナダ

イギリス人がカナダ人の話し方を初めて聞く時、ほとんどの人がアメリカ人と勘違いすることがあります。これはアクセントがかなり似ていることが原因です。しかし暫く聞いているとアメリカ人ではなくカナダ人であることが分かります。カナダ英語はアメリカ英語よりもイギリス人にとってより礼儀正しく聞こえます。また、カナダ人の声量は静かな傾向にあるため、通常イギリス人はカナダ英語に対していいイメージを持っているのです。

オーストラリア

多くのイギリス人はオーストラリアのアクセントを好んでいます。オーストラリア人の話し方(単語や文法、表現など)は、英語圏の国の中でも特にイギリス英語に似ています。オーストラリア人の中には一部のイギリス人よりもっとカジュアルな話し方の人もいますが、まだ丁寧さが残っています。ある意味オーストラリアの英語は、イギリスの労働者階級の人々が使う英語と同じスタイルであるため、イギリス人にはとても馴染みがあります。オーストラリア人はイギリス人よりもリラックスした話し方をします。

ニュージーランド

イギリス人にとってニュージーランドの英語はオーストラリアの英語とほとんど同じであるため、間違えることがあります。そのためオーストラリア人ではなくニュージーランド人であると言わなければならない場合もあります。オーストラリア英語のように、ニュージーランド英語もイギリスではプラスなイメージを持たれています。また、ニュージーランド英語を話す人は敬意を表す人が多くみられます。

他の国々

では母国語が英語ではない国はどうでしょう?以下に簡単な一覧をまとめてみました。

フランス

フランス人が話す英語のアクセントは一番セクシーだと言われています。多くのイギリス人女性は、フランス人男性の英語の話し方が好きだと言います。またイギリス男性の中には、フランス人女性が話す英語を好きだという人も多くいます。時々発音が間違っていることがありますが、語音はとてもきれいです。

ドイツ

英語が話せるドイツド人は、とても堪能に英語を話します。またイギリス人は、ドイツ人は複雑な英単語を用いて英語を話すと感じています。イギリス人は通常、ドイツ人が話す英語は非常に専門的で正確だと言いますが、時々感情を表さずに話すと言う人もいます。

イタリア

イギリス人はイタリア風の英語が好きです。イタリア人の英語は結構強いアクセントがあるため、時々理解できないことがあります。そのアクセントはとても情熱的で華やかな印象を与えます。また、イタリア人女性の英語はイギリス人男性にとても人気があります。

オランダ

オランダ人はとてものんびりした英語を話します。イギリスはよく、オランダの人々には優れた英語の知識があり、とてもリラックスした雰囲気で話すのだと考えています。そのため彼らの英語を聞く時、オランダ人はストレスを感じているようには見えないのです。

ロシア

ロシア人の英語にはカッコいい発音があります。冷戦が原因となり、多くのイギリス人はロシア人の英語がスパイ映画にとって完璧なアクセントであると感じています。イギリス人はロシア人の英語を聞く機会はあまりないので、より人気のあるアクセントです。

ノルウェー

ノルウェーをリストに入れたのにはとてもいい理由があります。ノルウェー人の英語はイギリス人の英語よりも上品であると言われることがあります。多くのノルウェー人は英語をとても上手に学び、完璧なイギリスアクセントで英語を話すことができます。これは非常に興味深いことではないでしょうか。

中国

ほとんどのイギリス人が中国人が話す英語はとても速く、理解するのが難しいと言います。中国人は英語の言葉をはっきりと発音しないことがあり、話し方やイントネーションの速さに追いつくのが大変です。しかし、英語を上手に話す中国人も多く、香港人はとてもイギリス英語寄りの英語を話します。これは香港とイギリスの歴史が大きく関係しているからです。

日本

最後は日本です。正直なところ、イギリス人にとって日本人が話す英語のイメージはあまり強くありません。なぜかと言うと、今までの歴史上であまり接点がないからです。日本は英語圏の国ではなく、歴史上英語を学ぶ必要はありませんでした。ですから日本人が少しでも英語を話せたら、ほとんどのイギリス人が感心するでしょう。

たとえ日本人が上手な英語を話すことができない場合でも、「Please, thank you, excuse me, sorry」などの丁寧な言葉を使っている傾向がありますが、これはイギリス人に好印象を与えるでしょう。通常「L」と「R」の発音は、日本人にとって難しく、コミュニケーションがうまくいかないことがあります。しかしこのようなことが起こっても、英語は日本語とは異なる言語であり、日本人が英語を話そうと努力していることにイギリス人は高く評価するでしょう。

 

最新人気記事TOP5