EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスの食べ物「調味料」

イギリスでよく使われている調味料

今日は、イギリスで特に人気のある調味料やソースをいくつかご紹介したいと思います。イギリスではほとんどの家庭にあるものですが、今日紹介するものの中にはイギリス人が嫌いな調味料も出てきます。では見ていきましょう!

Sarson’s Vinegar

まず最初にイギリス人はビネガー(酢)をこよなく愛しています。イギリスのソースや調味料のほとんどはビネガーがベースとなっています。多くのヨーロッパ人がイギリス人のビネガー愛について冗談を言うほどでもあります。イギリス人は色々な料理にビネガーをかけて食事を楽しんでいるのです。

最も有名なビネガーのブランドはSarson’s Vinegarと言われるものです。これは1794年に発売されましたが、2012年には日本の会社であるMizkan(ミツカン)に買収されました。個人的な意見では、イギリスのビネガーは日本で売られている酢よりもはるかに酸味が強いと思います。

HP Sauce

HPソースは1895年にイギリスで考案されました。とても有名なこのソースのラベルには、あのロンドンのビッグベンが載っています。このHPとは”Houses of Parliament”に因んで付けられた名前です。酢、砂糖、香辛料、その他多くの材料で作られたソースで、とても強い風味がありソーセージのような肉類につけて食べるのがお勧めです。

OXO

OXO(オクソー)とは、ビーフストックキューブ(ビーフ固形スープの素)の有名ブランドです。多くのイギリス人はミンスミートを作る際にこの固形スープを使用し、これを入れることで風味が豊かになります。また地下鉄は”the tube”としてよく知られていることからロンドンでは地下鉄のことを”OXO”と呼んでいる人もいます。なぜこのように呼ばれているかというと、”tube”という単語には”Cube”と同じ韻を踏み、”Cube”は”OXO cube”という表現で使われているので、コックニー英語では地下鉄のことを”OXO”と短縮して呼んでいるのです。

Worcestshire Sauce (ウスターシャーソース)

Worcestshire Sauce はイギリスのウスターシャー州から来ています。1837年に初めて商品化されて以来、ウスターソースとも呼ばれています。これはまた違ったビネガーベースのソースで、HPソースと非常によく似ています。日本のウスターソースはイギリスのものをベースとしていますが、味は少し異なります。イギリスの人々はチーズトーストにウスターソースをかけて食べるのが好きです。

Marmite

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4b/Marmite-Two_editions.JPG

左:通常タイプのマーマイト 右:限定商品のマーマイト

マーマイトが発売されたのは1902年です。ねっとりとした塩分を含む酵母の食品です。日本でよく知られているのはオーストラリア産の‟ベジマイト”と言われるものでしょう。このベジマイトはマーマイトと非常によく似ています。マーマイトは塩気が強い味と言われていて、イギリスではこれを好んで食べる人もいれば嫌いな人もいます。例を挙げると日本で言う納豆のようなものでしょうか。個人的には好きではありません。

Salad Cream

サラダクリームは砂糖と卵黄などで作られたビネガーベースのソースで、酸味の強いマヨネーズのようなものです。通常はサラダにかけて食べるため、サラダクリームと呼びます。ですがチーズサンドに挟んで食べるのも美味しく、夏によく食べられています。

Branston Pickle

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cc/Branston_Pickle_2006-04-17.jpg

ブランストンピクルスは1922年にイギリスで初めて販売されました。チャツネの漬物です。チャツネとは色々な野菜が細かく刻まれたもので、酢と香辛料で漬けられている食べ物です。ジャケットポテト(皮つきのじゃがいもを焼いたもの)やサンドイッチと一緒によく食べられています。

今日紹介したソースや調味料を見てみると、イギリス人はスパイシーで酸味や塩気の強い味のものを好むということが分かるでしょう。これはイギリス人が日本のとんかつソースや、その他の似たような味の日本食を好む理由でもあると思います。イギリスに行った際は是非、今日紹介したソースを試してみてください!

 

Image Credit: Marmite – Two editions by Tamorlan (Photo taken by Tamorlan) [CC BY-SA 2.5 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.5)], via Wikimedia Commons

Branston Pickle by Richard George (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html), CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/) or CC BY 2.5 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.5)], via Wikimedia Commons

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5