EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスの運転事情

イギリスで車の維持費はいくら?

今日はイギリスの運転文化についてお話したいと思います。

情報

イギリスで最もよく使われる交通手段が自動車です。なぜかと言うと、多くの人にとって公共交通機関を利用することが実用的ではないからです。イギリスの田舎に住んでいる人達にとって車は必要不可欠です。

2014年9月の時点で、イギリスの人口約6500万人に対して、運転免許証を持っている国民は4550万人と言われています。2017年3月にはイギリスで乗車するために登録されている自動車は3750万台となっています。そのうちの大半がマニュアル自動車ですが、最近ではオートマチック車を運転する人も増えてきています。

イギリスでは自動車は左側通行です。この習慣は中世からはじまりました。当時、体の左側に剣を身に着けていたので、左側を歩けばすれ違う際に誤って当たってしまうことはありませんでした。

イギリスの道路(案内)標識

イギリスには「Motorway」「A Roads」「B Roads」という3つの主な道路があります。「Motorway」とはイギリス英語で「高速道路」を意味します。最もよく知られている高速道路は「M1、M25、M6」です。そして「A Roads」は高速道路に比べると規模が小さめです(A2、A537など)。最後に「B Roads」は「A Roads」に比べて渋滞が少なく、知名度の低い道路になります(B 6318など)。

イギリスの高速道路の制限速度は70MPH(112KPH)で、住宅地のほとんどの道路の制限速度は30MPH(48KPH)です。イギリスでは70MPHを超える速度での走行は違反になります。

運転の学び方

イギリスでは16歳になると仮運転免許証を取得することができ、17歳からは一般運転免許証を取得できるようになります。また、仮免許を持っていても17歳になるまでは車を運転することはできません。

17歳で仮免許を持っている人は、一般試験に合格する前に実際に道路での運転が可能ですが、自動車学校の教官、または21歳以上で、かつ3年以上一般運転免許証を保持している家族か友人が同乗する必要があります。そして試験に合格するまでは車の前後に、白地に赤文字で「L」(Learner/練習者)と書かれたステッカーを貼る必要があります。

試験

免許を取得するためには、2つの主要な試験に受かる必要があります。

1つ目の学科試験は英語で「Theory Test」と言い、パソコン上で行う多肢選択方式のテストになります。制限時間は57分で問題は50問あり、合格するには少なくとも43問正解しなければなりません。さらに「Hazard Perception」という理論テストのビデオ問題もあり、1分間に14本の運転に関するビデオ映像を見なければなりません。その映像の中で何か危険が起こりそうな場合にはマウスを使ってクリックします。

2つめの試験は英語で「Practical Test」と言います。まず最初に試験官による視力検査を受けます。通常、駐車場から一定距離の離れたところにある車のナンバープレートを読み上げるように言われます。その後、試験官は車のエンジンについていくつか質問をしてきます。受験者は、オイル量などの基本的な質問に対して答えなければなりません。最後に実務試験として、試験官を乗せて公道を約40分間運転します。試験官はUターン、緊急停止、平行駐車などの特定操作を行うよう順に指示していきます。この時に、重大なミスや危険な行動を起こさなかった、そして小さなミスが15カ所以内であればこの試験は合格となります。

自動車の維持費

ガソリンのことをイギリス英語では「Petrol」と言います。ガソリンは日本に比べて高く、現在121.6 pence(182円)/ℓ、ディーゼルは124.0 pence(185円)/ℓです。(※現在£1=149.5円)

そして自動車を所有している場合は、毎年道路税を支払う必要があります。この金額はエンジンの排気量と車の年式によって異なります。現代的で低燃費の車になればなるほど道路税は安くなります。現在、イギリスの年間の平均道路税は£140〜£160(20,930〜23,930円)となっています。
自動車に乗るためには保険も必要となり、年齢、住所、運転経歴によって料金は異なります。自動車保険の年間平均費用は£462〜£781(69,000〜116,700円)です。

最後に年に1回、車が故障などを起こしていないか点検をする必要があります。日本で言う車検のことで、この点検は「M.O.T. test」と呼ばれ、色々なところにある自動車の修理屋で行うことができます。「M.O.T.」とは「Ministry of Transport test」の略です。点検費用はどの車(乗用車)でも一律£54.85(8,200円)となっています。

もしこの車検に通ればそれ以外の費用はかかりませんが、何か修理が必要な場合は車検に通らないこともあります。この場合は別途費用がかかり、修復費用は点検費用の何倍もの金額になることもあるそうです。

近年、車の維持費が大幅に高くなっています。多くの国民は、政府が路上での車の台数を減らそうとしているためだと考えています。しかし近い将来でもイギリスでは、依然として車での移動を好む人は多くいるでしょう。

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5