EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスの祝日

1年間の祝日と祭日の紹介

この記事には1年のイギリスの祝日と特別な祭日を挙げてみました。またイギリス人が「Bank Holiday」という言葉を使っている理由についても併せてご説明したいと思います。

バンクホリデー

イギリスではほとんどのイギリス人が祝日のことを「Bank Holiday(バンクホリデー)」と表現します。このバンクホリデーとは1871年にイギリス議会によって、平日に銀行を休業する日として制定された休日のことを言います。

もともと「Bank Holiday」と「Public Holiday(国民の休日)」は同じ意味ではありませんでした。 イングランド、ウェールズ、北アイルランドでは12月25日の「Christmas Day」とイースター期間の「Good Friday」はすでに祝日でしたが、時がたつに連れて「Bank Holiday」という表現はイギリス人にとって「Public Holiday」と同じ意味を持つようになっていきました。そのため今ではどちらも同じ意味で使うことができます。ただし、イギリス人はクリスマスの日(12/25)をバンクホリデーとして表現はしません。

イギリスの祝日

イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの1年間の祝日はそれぞれわずかに異なります。そのため以下のリストには祝日の名称と日付、そしてそれが適用されている国を記載し、イギリス全体の休日については「ALL」と表しています。

私はEIKOKUGOの中で、祝日についていくつかの記事を書いています。詳細を知りたい方は下記リストの「名称」から記事へ飛ぶことができますのでご覧ください。中には祝日ではないイギリスの大事な祭日も含まれています。

日付 名称 〇…祝日
1月1日 ニューイヤーズデー ALL
1月2日 ニューイヤーズホリデー スコットランド
イースターサンデーの47日前 パンケーキデー ALL
3月1日 セント・デイヴィッド・デー ウェールズ
3月17日 セント・パトリックス・デー 北アイルランド
イースターサンデー前の金曜日 グッドフライデー ALL
イースターサンデー後の月曜日 イースターマンデー イングランド、ウェールズ、北アイルランド
4月23日 セント・ジョージ・デー イングランド
5月の第一月曜日 アーリー・メイ・バンクホリデー ALL
5月の最終月曜日 スプリングバンクホリデー ALL
7月12日 バトル・オブ・ザ・ボイン 北アイルランド
8月の第一月曜日 サマーバンクホリデー スコットランド
8月の最終月曜日 サマーバンクホリデー イングランド、ウェールズ、北アイルランド
10月31日 ハロウィン / サウィン ALL
11月5日 ガイ・フォークスナイト ALL
11月の第二日曜日 リメンブランス・サンデー ALL
11月11日 アーミスティスデー ALL
11月30日 セント・アンドリューズ・デー スコットランド
12月24日 クリスマスイブ ALL
12月25日 クリスマスデー ALL
12月26日 ボクシングデー ALL

面白いこと

全部でイングランドとウェールズには8日、スコットランドには9日、北アイルランドには10日の祝日があります。

祝日が土曜日の場合は金曜日に変わるのではなく、翌週の月曜日になります。 これは祝日が日曜日の場合にも適用されています。

王室の結婚式や女王のために行われる記念行事など特別な催しがある場合は、一度だけ開催される特別なバンクホリデーがあります。これが最後に行われたのは、2012年に現在のエリザベス女王の即位60年を祝うダイヤモンド・ジュビリーの記念式典でした。

イギリスでは、労働者は最低28日間の年次有給休暇を取得する権利があります(土日は含まれません)。会社によっては28日間の有給休暇の中に祝日を含む場合と、バンクホリデーに加えてさらに28日間の有給休暇を労働者に付与する場合がありますが、この後者の場合は労働者に祝日分の給料を支払う義務はありません。

覚えておくと便利なこと

想像どおり、イギリスにあるすべての主要銀行が祝日は休業日としていますが、限られた時間で営業している小規模な銀行もいくつかあります。
また多くの企業や店も休業していますが、 一部は営業しており営業時間は限られていることがあります。

また公共交通機関では、バンクホリデーの日のサービスを大幅に減少している可能性もあります。

イギリスでは、ほぼすべての企業が休業する祝日はクリスマス、ボクシングデー、元旦で、この期間中の町や都心部は非常に静かです。

祝日中にイギリスを旅行する場合はこのような点に注意して予定を立てましょう。

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5