EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスの戦車博物館

ボービントン戦車博物館

イギリスの戦車「Cromwell」

イギリスで最も素晴らしいと言われている博物館の一つでもある戦車博物館。この博物館はイングランドのボービントンにあります。今日は、たくさんの観光客が行ってみたいという「ボービントン博物館」についてご紹介したいと思います。

戦車の歴史

戦車は第一次世界大戦時、イギリス人によって考案されました。戦車は1916年の‟ソンムの戦い”で初めて使用されます。最初の戦車は非常にベーシックなものでスピードも遅かったですが、戦闘に支障はありませんでした。第一次世界大戦後に多くの国が、戦車が今後の戦争には必要不可欠であるということに気づいたのです。

イギリスの戦車「Mark II」

英語で戦車のことを”Tank” と言いますが、この名前の由来は何でしょうか。初期の戦車のことを、”Land Ships”とイギリス人は呼んでいましたが、ドイツから秘密を守るためにあるコードネームが作られました。戦車は大きな四角い形をしており、水槽に似ていることから”Tank(タンク)”という名前が付けられたのです。そして敵にイギリスの新しい武器の名前が”Tank”であるということを知られることはなく、その後もこの名前が定着していきます。

ボービントン

ボービントンはイングランド南東部にある小さな町で、戦車やその乗員の訓練をするためのオリジナルの実験場です。そしてイギリス軍が今も保有しているこのボービントンの戦車実験場は、博物館の隣にあります。

ナチスドイツの戦車「Panther」

第一次世界大戦後に多くのイギリス戦車はボービントンに戻りましたが、その多くはひどい損傷を受けており、もはや使用できない状態でした。この戦車のほとんどが訓練施設の近くに置かれ、人々は戦車の歴史と伝統に興味を持つようになりました。

第二次世界大戦中、イギリス軍はドイツや他の国々から多くの戦車を奪取し、それらをボービントンに移して調べました。終戦後には、集めた戦車の見事なコレクションができ、1947年に戦車博物として初めて一般公開されたのです。

現在ボービントン戦車博物館には26ヶ国、300台の戦車があります。

イギリスによって改造されたアメリカの戦車「Sherman Firefly」

一番人気の戦車

ボービントン戦車博物館は世界でも最上の戦車博物館として知られています。なぜならば、各国の広大な種類の戦車をコレクションしているからです。その中の戦車の多くがまだ正常に動作するので、博物館で行われるイベントの際には実際に操縦して動かすことが可能なのです。

ボービントンには、第一次世界大戦から使われた初期の戦車「Mark I,II,IV,V」がいくつか展示されていますが、中でも一番人気の展示品は第二次世界大戦時の戦車です。ボービントン戦車博物館にはイギリス、アメリカ、ロシア、ドイツの数多くの戦車が展示されています。

ナチスドイツの戦車「Tiger I」

一番人気の戦車はドイツの「Tiger Tank I」とアメリカの「Sherman M4A2 Easy 8」です。この展示されている2つの戦車は、映画‟Fury”に登場した第二次世界大戦で実際に使われたものです。Tiger Tank I は、北アフリカでイギリス軍に奪取され、1943年にイギリスに戻されました。ドイツのパンターとロシアのT-34という戦車も展示されています。イギリスは第二次世界大戦中、武器貸与を通して多くの戦車をアメリカから買い取りました。そのため博物館にはたくさんのアメリカ製の戦車が展示してあります。

アメリカの戦車 「Sherman M4A2 Easy 8」

さらに多くの近代戦車も見ることができます。

観光

戦争や戦争の歴史に興味がある方でしたら、戦車博物館はとてもお勧めです。もし戦車に興味がなくても、実際にいくつかの戦車を間近で見ると迫力があるので圧倒されると思います。展示されているすべての戦車に触ることができ、また特定の戦車の中に入ることができる日もあるそうですが、常に行ってはいないのでご注意ください。

入場料は大人が14ポンド、子供(5-16歳)は9ポンドです(2018年現在)。このチケットは博物館の入場だけでなく、さらに多くの戦車や装甲車を見れる車両倉庫(博物館に隣接)にも入ることができます。また、ウェブサイトでチケットの予約をすることも可能です。

イギリスの戦車「Churchill」

博物館には車で行くのが一番早くて簡単な行き方です。ロンドンからボービントンまで電車で行くことも可能ですが、約2時間半〜3時間半はかかります。Wool Station駅に到着後、博物館までは駅から徒歩40分です。駅からタクシーを拾うこともできますが、なかなかタクシーが捕まらないと聞いたことがあります。また、駅からバスも出ていますが1日3本と少ないのであまりお勧めではありません。公式ウェブサイトではアクセス情報なども載っていますので興味のある方は是非一度ご覧ください。

ナチスドイツの戦車「Tiger II/King Tiger」「Elefant」「Tiger I」

戦車博物館で最も人気のあるイベントは「Tiger Day」と「TANKFEST」と呼ばれるイベントです。詳しく知りたい方は博物館の公式ウェブサイトをチェックしてみてください。

ボービントン戦車博物館のウェブサイト:http://www.tankmuseum.org/home

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5