EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスのクリスマスCM

感動的なコマーシャル


毎年11月になるとイギリスの多くの会社が特別なクリスマスCMを発表しており、そのいくつかが短編映画のようなストーリーになっています。

※‟広告(CM)”のことをイギリス英語で「Advert」、アメリカ英語で「Commercial」と言います。

この伝統は約5年前から始まり、John Lewis(ジョン・ルイス)と呼ばれる会社が特別なクリスマスCMを作りました。人々を感動させるストーリーでとても人気となり、会社の売上を向上させました。そして翌年、他のいくつかの会社がまた違ったスタイルでクリスマスCMを制作することを決めたのです。

毎年クリスマスCMを見るのが現代のイギリスでの伝統になってきています。多くのイギリス人は11月に発表される新しいCMを見ることを心待ちにしているのです。

では早速、ここ数年で特に人気のあるイギリスのクリスマスCMを紹介したいと思います。

John Lewis

ジョンルイスはクリスマスのCMを制作している最も有名な会社で、これは2011年のCMになります。

そして2012年にはさらに素敵なCMを発表しています。

また、その後の2014年の作品も素晴らしいです。

Sainsbury’s

セインズベリーズとはイギリスのスーパーマーケットで、国民からは今までで一番良いCMは2014年の作品だと言われています。ストーリーは第一次世界大戦の実話に基づいて作られていて、イギリス兵とドイツ兵達がクリスマスイブの日だけは戦うことをやめようと決めた内容になっています。

このCMは1914年(1914~1918年:第一次世界大戦)からちょうど100年たった2014年に発表されたこともあり、イギリスでとても注目されました。多くのイギリス人が100年前の戦争中、兵士達に起こった出来事に胸を撃たれ感動しました。

また、セインズベリーズは2015年にも素敵なCMを発表しています。

Heathrow Airport

ヒースロー空港は2016年のクリスマスCMを制作することを決め、これが非常に人気を集めました。多くのイギリス人はこのシンプルな作品が好きなようです。

Marks & Spencer

この会社はM&Sとしても知られており、有名なイギリスの小売店です。2017年はパディントン・ベアが登場するクリスマスCMを発表しており、こちらは国民に非常に受けが良い作品となりました。

以上、もし時間があればここで紹介した以外のクリスマスCMもYouTubeで一度ご覧になってみてください。

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5