EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスで人気のある野菜と果物

日本ではあまり見かけない野菜や果物たち

この記事では、イギリスではどんな野菜と果物が人気なのかについて見ていきたいと思います。またイギリスではよく食べられている、日本では珍しい野菜や果物をいくつかご紹介します。

そして面白いことに、イギリスでは「果物」の部類に入るものが日本では「野菜」として知られています。例えばイギリスで‟スイカ”は果物として売られています。

最も人気のある野菜と果物

2017年に実施された調査によると、イギリスで人気TOP10に入る野菜と果物は以下のような結果が出ています。

ランキング 果物 野菜
10位 チェリー サヤインゲン
9位 ブルーベリー アスパラガス
8位 アボカド カリフラワー
7位 メロン 芽キャベツ
6位 ぶどう グリーンピース
5位 りんご 人参
4位 マンゴー マッシュルーム
3位 パイナップル トマト
2位 バナナ スイートコーン
1位 いちご ブロッコリー

日本では珍しい野菜

日本のスーパーなどではあまり見かけませんが、イギリス人がよく食べている野菜(ベリー類も含む)をいくつかご紹介しましょう。

Parsnips (白にんじん)

白にんじんは名前の通りにんじんに似た根菜で、白色をしています。だいたいオーブンなどで焼いて、サンデーローストディナーとしてよく食べられています。

Rhubarb (ルバーブ)

ルバーブの葉は食べられませんが、茎には甘さがありとても美味しくパイやデザートによく使われます。ルバーブを使った最も人気のあるレシピに‟ルバーブクランブル”と言われるものがあり、これはアップルクランブルと似たデザートです。

Swede (スウィード)

Image via Flickr

スウィードは17世紀にスウェーデンで生まれた独特な野菜です。上半分は紫、下半分は白色をしたカブとキャベツの中間のような野菜です。甘い風味があり、様々な調理法で料理することができます。

Fennel (フェンネル)

フェンネルは地中海が原産で茎はセロリにとてもよく似ていますが、アニス実の強い香りがあるため、好き嫌いが分かれます。フェンネルの球根は色々な調理法で調理することができます。

Beetroot (ビートルート)

ビートルートは日本でもたまに見かけますが、イギリス人の方が頻繁に食べています。スーパーではすでに煮込んで酢漬けされたビートルートが売られており、とても強い風味があります。夏場は主にサラダに使われることが多いです。

Raspberries (ラズベリー)

こちらもビートルートと同様、日本でも購入可能ですがイギリスではよく食べられています。イギリス人はデザートやケーキ、パイにラズベリーをよく使い、夏場に買う人が多くいます。

Blackberries (ブラックベリー)

ブラックベリーはラズベリーに似ていますが、名前のとおり黒色をしています。とてもヘルシーでラズベリーより甘みが強いです。ブラックベリーはイギリスの至る所で成っているため、多くの人は家族とブラックベリー狩りに行くようです。

Blackcurrant (ブラックカラント)

ブラックカラントはブルーベリーによく似ていますが、とても強い風味があります。イギリスの様々な場所で育ち、ジャムによく使われますがブラックカラントはジュースで人気のある味でもあります。

もしイギリスのスーパーでこれらの野菜や果物を見つけたら、是非一度買って食べてみてください。日本で購入するより値段は安いのでお勧めします!

 

 

Image Credit: Swede (The Vegetable) image by pin add via Flickr

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5