EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

アイザック・ニュートン Isaac Newton

イギリスの最も有名な数学者

名前:Isaac Newton
アイザック・ニュートン

出身:イングランド、リンカンシャー

誕生:1642年12月25日

死没:1726年3月20日

職業:数学者、物理学者

アイザック・ニュートンは、1642年のクリスマスに生まれました。彼の父親もまた「アイザック・ニュートン」と呼ばれていましたが、不幸にも彼は息子が生まれる3ヶ月前に亡くなってしまいます。そして息子のアイザック・ニュートンは予定よりも早く生まれ、母親によると彼は未熟児だったそうです。アイザックが成長して3歳の時に母親は再婚しました。彼女は新しい夫と別の家で暮らすことになり、アイザックは父方の祖母によって育てられます。彼は母親が再婚したことを恨み続けました。そして母親には新しい夫との間に、3人の子供が生まれました。

アイザックは12歳から、グランサムにある”ザ・キングズスクール(グラマースクール)”に通い始めました。ここで彼はギリシャ語とラテン語を学び、おそらく数学についても多くのことを学んでいました。そして彼の母親は再び未亡人となりました。イザックがまだ在学中であったにも関わらず、母親は彼を学校に通わせるのをやめ、百姓になることを望みましたがイザックはそれを拒みます。学校の校長は、彼を学校に戻して授業を修了させるよう母親に懇願しました。母親はイザックを学校へ戻すことに決め、彼はその学校で最優秀の生徒となりました。

その後彼はケンブリッジにあるトリニティカレッジに入学し、数学と科学の知識を深めていきました。 1665年には、後に微分積分学となる数学的理論を開発し始めます。また、光学と万有引力の法則の研究にも取り組んでいました。

おそらく多くの人が、あの有名なリンゴの物語を知っているでしょう。神話によると、アイザックが木の下で勉強していたところ、上からリンゴが落ちてきて頭に当たりました。これが、重力によって物体が地面に引き寄せられるということを推論するのに役立ったのです。これは本当の出来事ですが、実際の生活ではそれほど興味深いものではありません。この出来事を目撃した人によると、アイザックと彼は紅茶を飲みながら木陰に座り、万有引力の法則について議論していると近くの木からリンゴが落ちてきたそうです。

アイザックのその後の人生を通して、彼は一風変わった人として知られるようになりました。

アイザックには数学と自然の物理学の知識を深めるという義務がありました。彼は結婚したこともなく、人と関係を持つことにも関心を示しませんでした。

そして1726年84歳の時、眠ったまま帰らぬ人となります。彼の毛髪を調べたところ、高濃度の水銀が検出されました。これは彼の経歴を通して行われた科学実験が原因である可能性が高く、水銀中毒のせいで彼は奇人であったのではないかと言われています。

 

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5