EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

その他のイギリスの国旗

イギリス人以外にはあまり知られていない国旗


以前、ユニオンジャックなどイギリスで使われているいくつかの国旗を紹介しました。なので、この記事を読む前に前回の記事を読むことをお勧めします。こちらからご覧ください。

今回は、イギリス人以外の人にはあまり知られていない他のイギリス国旗について紹介したいと思います。もしあなたがこれらの国旗を知っていたら、周りにいるイギリス人は感心するでしょう。

The Scottish Union Flag

スコティッシュ・ユニオンフラッグ

ユニオンジャックとも呼ばれているイギリスの ユニオンフラッグを誰もがよく知っています。また少人数の人達には、1707-1801年で使用されたオリジナルのユニオンフラッグにも馴染みがあります。しかし多くの人々がスコティッシュ・ユニオンフラッグをよく知りません。この国旗は17世紀初頭に何人かのスコットランド人によって作られた、オリジナル版の変形型のスコットランド国旗です。この国旗が公式に使用されたことはありませんでしたが、一部のスコットランド人やスコットランドの船で使われていました。そしてこれは1801年まで使用され、その後は現在のユニオンフラッグに変わっています。

Flag of Saint David

フラッグ・オブ・セントデイヴィッド

これはウェールズを象徴する国旗です。しかし1990年代半ばまでは、ほとんどのウェールズ人がこの国旗の存在を知りませんでした。そして19世紀後半、または20世紀初頭に作られたと考えられています。黒と黄色のカラーはウェールズの守護聖人であるセント・デイヴィッドと関係があります。この国旗はほとんど使われることはありませんが、3月1日の‟聖デイヴィッドの日”にはウェールズの多くの場所で掲げられています。

Flag of The Isle of Man

マン島

1932年にこの国旗が作られる前、マン島はユニオンフラッグを使用していました。この国旗は結構新しく、3本の足のデザインは13世紀の紋章が由来となっています。マンクス語(マン島の言語)でこの国旗は “ny tree cassyn”と呼ばれ、これは‟3本の足”を意味します。

Flags of The Channel Islands

チャンネル諸島は、フランスの海岸近くにあるイギリス王室属領です。そして、それぞれの島には独自の国旗が存在します。

Flag of Guernsey ガーンジー島

この国旗は1985年以降で使われています。それ以前に正式な国旗はなく、セイント・ジョージズ・クロス(イングランドの国旗)が公式な行事などで使用されていました。

Flag of Herm ハーム島

1953年に作られた国旗です。

Flag of Alderney オルダニー島

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f3/Flag_of_Alderney.svg

1993年に採用された国旗です。

Flag of Jersey ジャージー島

この国旗は1981年から使われています。それ以前の国旗は、セイント・パトリックス・クロス(昔のアイルランドの国旗)と外観は全く同じでしたが、国旗は”The Red Saltire(赤の斜め十字)”として知られていました。このジャージー島の”The Red Saltire”の由来は定かではありません。

Flag of Sark サーク島の国旗

1938年に採用された国旗です。

The Royal Standard

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c5/Royal_Standard_of_the_United_Kingdom.svg

女王がイングランド、ウェールズ、北アイルランドにいる時の旗

ザ・ロイヤルスタンダード

これはエリザベス2世(現在の女王)が使用する旗です。女王がバッキンガム宮殿内にいる時、または女王が所有する車や飛行機に乗っている時に旗が掲げられます。また、女王がバッキンガム宮殿内にいない際はユニオンフラッグが掲げられています。

この旗には2つのタイプがあり、1つのデザインはイングランド、ウェールズ、北アイルランドで使われています。そしてもう1つは、女王がスコットランドにいる時に使われます。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e0/Royal_Standard_of_the_United_Kingdom_%28in_Scotland%29.svg

女王がスコットランドにいる時の旗

この旗には、決して半旗の位置に掲げてはならないというルールがあります。それは現在の女王(王)が亡くなった後も、また新しい女王(王)が存在するからです。その代わりに、ユニオンフラッグを半旗の位置に掲げます。

Flag of The British East India Company

イギリス東インド会社

これは1668-1801年に、イギリス東インド会社が使っていた旗です。その後、現在のユニオンフラッグが入ったデザインに変わりました。赤と白の13本のストライプが旗のデザインに選ばれました。何人かの歴史家は、東インド会社の投資家がフリーメイソンであり、「13」はこのフリーメイソンにとって強力な数字であるとされています。しかし他の歴史家は、別の理由があると主張しているようです。

皆さんは、この旗がアメリカ国旗に似ていることに気づきましたか?実は、初期のアメリカ国旗はこのイギリス東インド会社の旗が由来となっているのです。

Flags of The British Armed Forces

イギリス軍、空軍、海軍にはそれぞれ独自の旗が存在します。

British Army イギリス軍

これは儀式用ではないイギリス軍の旗で、1938年から採用されたものです。

Royal Air Force 空軍

この旗は‟Royal Air Force Ensign(王立空軍)”と呼ばれ、1921年に採用されました。

British Navy 海軍

イギリス海軍には‟White Ensign(英国軍艦旗)”という旗があり、1801年以降使われています。

Flag of The British Merchant Navy

英国商船隊

商船隊の旗は海軍の旗に似ていますが、背景色は赤色です。この旗は民間船にも使用されています。

 

これであなたも色々なイギリスの国旗を知っていると言えますね!

 

 

Image Credit: Flag of Alderney by Denelson83 [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], via Wikimedia Commons

Royal Standard of the United Kingdom/ Royal Standard of the United Kingdom (in Scotland) by Own work [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], via Wikimedia Commons

 

 

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5