EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

お勧めのイギリス料理 Part 2

ロンドンで食べてほしい10品の料理


結構前に、ロンドンで是非食べてみてもらいたいイギリス料理に関する記事を書きました。この記事の反響が大きかったので、今回パート2として他の料理もご紹介したいと思います。

前回と同様、その料理が食べられるお勧めのレストランも一緒にご紹介したいと思います。すべてロンドンにあるお店でHPのリンクを貼っておきますので、そちらからお店の詳細を見ることができます。

Part1の詳細をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

※料理の写真は紹介したお店のものではありません。

1. Beef Wellington

https://www.flickr.com/photos/39718079@N00/4250488734

Image by David Blaine via Flickr

ビーフウェリントンとは少し変わった名前をしていますが、この料理は19世紀の有名なイギリス陸軍元帥‟アーサー・ウェルズリー(Arthur Wellesey)”ウェリントン公(Duke of Wellington)に因んで付けられた名前であると言う人もいます。パテと細かく刻んだマッシュルームで覆った牛ヒレ肉を、さらにパイ生地で包んで焼き上げたもので、ワインによく合う料理です。結構ボリュームのある料理なので夕食時にピッタリです。

お勧めのお店:The Grenadier, Belgravia

少々値が張りますが(約£30)、ここはロンドンでビーフウェリントンが最も美味しいと言われている店の一つです。

2. Apple Crumble

https://www.flickr.com/photos/themarmot/40377232850

Image by The Marmot via Flickr

これはイギリスの伝統的なデザートで、少ない材料で簡単に作れることから第二次世界大戦中のイギリスで非常に人気を集めました。もしアップルパイが好きな方でしたらアップルクランブルも好きなはずです。結構甘いデザートで、通常はバニラアイスかカスタードクリームが一緒に添えられています。

お勧めのお店:Cafe in the Crypt, Trafalgar Square

このお店では、たった£4.75で提供されています!!

3. Gammon and Pineapple

ガモンとは塩漬けされた厚切りベーコンの一種で、その上にパイナップルスライスを乗せた料理です。イギリスのパブメニューでよく見かける非常に伝統的な料理で、一般的にグリーンピースとチップスが添えられています。

お勧めのお店:The Chandos, Trafalgar Square

このパブにはホームページがなかったので、こちらのトリップアドバイザーの口コミをご覧ください。

4. Jacket Potato

https://www.flickr.com/photos/secretlondon/2964493254

Image by secretlondon123 via Flickr

ジャケットポテトはイギリス人のソウルフードです。皮付きのジャガイモをカットし、中にはバターとお好みで色々なものをトッピングするベイクドポテトです。作り方はとても簡単で美味しく、イギリスではほとんどの人がジャガイモを皮まで食べます。最も伝統的なトッピングはチーズ&ベイクドビーンズですが、個人的にはツナマヨが好きです。簡単に昼食を済ませたい時によく作られている料理です。

お勧めのお店:Earls, Covent Garden

5. Welsh Rarebit

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1b/Welsh_rarebit_with_an_egg.JPG

名前だけ見るとウサギの肉かと思いますが違うので安心してください(笑)。ウェルッシュレアビットとは、チーズと味付けされたソースがのったトーストです。バリエーションは様々で、いくつかはウスターソース、他にもマスタードを使う時もあります。これはウェールズの郷土料理ですが、ロンドンで食べることもできます。

お勧めのお店:Ye Old Chesire Cheese, Fleet Street

ここはロンドンで最も古いと言われているパブ(1667年)で、いつも多くの人で賑わっています。このパブもホームページがないため、こちらのトリップアドバイザーからご覧ください。

6. Bacon Sandwich

簡単な朝食にはこれが一番お勧めです。イギリスのベーコンは日本のベーコンとは大きく異なりとても分厚く、ほとんどのイギリス人はクリスピーに焼いて食べるのが好きです。ベーコンサンドイッチは通常、イギリスで有名なHPソース(ブラウンソース)を中に塗って食べるので試す価値ありです。HPソースが嫌いなイギリス人はケチャップで代用しています。

お勧めのお店:Regency Cafe, Wesminster

ここは他に比べて特に安い価格(£2.50)で提供されています。また、パンの種類はロールパンか食パンのどちらかを選ぶことができます。

7. Kedgeree

https://www.flickr.com/photos/beckayork/4941076479

Image by Beck via Flickr

たぶんほとんどの人がこの料理を知らないと思います。ケジャリーはインド料理の由来があり、ヴィクトリア時代のイギリスにもたらされました。その後すぐに、イギリス人好みにレシピが変えられたようです。この料理にはほぐした魚の身、炊いたお米、パセリ、カレー粉、バター、時にはサルタナを加えて作ります。最も伝統的に使われている魚はタラですが、鮭や鮪で作るレストランもあるようです。

お勧めのお店:Riding House Cafe, Fitzrovia

この店はお値段が少々高めですが、味はとても美味しいです。また、ケジャリーは朝食メニューのみなのでご注意ください。

8. Scotch Egg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4f/One_scotch_egg_%28No_jar_of_Marmite%29.jpg

これは通常、イギリスのコンビニエンスストアで買える軽食ですが、一部のレストランで食べることもできます。スコッチエッグは固ゆでのゆで卵を豚肉や牛肉の挽肉で包み、パン粉をまぶして揚げたものです。実はロンドンのデパート「フォートナム&メイソン」で最初に作られたと言われています。けっこう脂っこい食べ物ですが、とても美味しいです。

お勧めのお店:Scotchtails, Borough Market

9. Shepherd’s Pie

https://www.flickr.com/photos/stone-soup/21886155154

Image by jules via Flickr

シェパーズパイはコテージパイとよく間違われますが、シェパーズパイには子羊の挽肉を使います。よく家庭料理として作られることが多く、多くのイギリス人が好きな料理です。子羊の挽肉とグレイビーソース、人参、玉ねぎ、グリーンピース、セロリを混ぜて調理し、一番上にマッシュポテトを乗せてトッピングします。多くの人はこの上にチーズをかけてオーブンで焼きます。シェパーズパイは真冬にピッタリな食事です。

お勧めのお店:The Windmill, Mayfair

この店はお値段が少々高めですが、とても有名なレストランです。

10. Toad In The Hole

人はこの料理名を聞いて心配になるでしょう。もちろん名前だけでカエルが入っているわけではありません!トードインザホールは生地とソーセージをオーブンで一緒に焼いたもので、生地はヨークシャプディングと同じです。マッシュポテト、グレイビーソース、焼いた玉ねぎを添えて食べるのが一般的です。

お勧めのお店:残念ながら見つけることができませんでした。もしいいレストランを見つけたら更新したいと思います。

ロンドンへ行った際は、今日紹介した料理をいくつか試してみることをお勧めします!中にはとてもシンプルな料理もありますが、実際に食べてみると想像以上に美味しいです。

 

 

Image Credit: Beef Wellington by David Blaine via Flickr

Apple Crumble by The Marmot via Flickr

Jacket Potato by secretlondon123 via Flickr

Kedgeree by Beck via Flickr

Shepherd’s Pie by jules via Flickr

Welsh rarebit with an egg by Worm That Turned [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], from Wikimedia Commons

One scotch egg (No jar of Marmite) by Unhindered by Talent [CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)], via Wikimedia Commons

関連記事

【最新】人気記事TOP5

イギリス英語TOP5

人気記事TOP5