EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

チャールズ・ディケンズ Charles Dickens

ビクトリア時代を代表する有名な作家「チャールズ・ディケンズ」

Name:
名前:
Charles Dickens
チャールズ・ディケンズ
Born in:
出身:
Hampshire, England
イングランド、ハンプシャー
Born:
誕生:
February 7th 1812
1812年2月7日
Died:
死没:
June 8th 1870
1870年6月8日
Occupation:
職業:
Writer
小説家

 

チャールズ・ディケンズはビクトリア時代を代表するイギリスの小説家です。

彼はイギリスの西岸に位置する小さな島、ランドポート(ポーツマス郊外)で生まれました。父親は海軍の会計事務員で、彼は8人兄弟の2番目として生まれました。読書を楽しみ、平穏な幼少期を過ごし、特に「アラビアン・ナイト」を何度も読んだそうです。彼は人の顔や名前、出来事などを覚えるのが得意でした。

父親の仕事の関係で、私立学校の教育を受けていましたが、1822年に終了します。父親は借金がありながら金銭感覚に乏しく、散財していたのです。そして、ディケンズが12歳の時に家族と離れ、家族ぐるみで仲の良かった友人の家で暮らすようになりました。学校に行くことも出来なくなり、小遣いを稼ぐために工場で1日10時間も働きました。彼のこの経験は彼の人生の中でも大きな出来事となり、イギリスの貧しい生活をする人々について考えるようになったのです。

1827年から法律事務所で事務員として勤め始めました。彼は同僚や周囲の人々の真似が上手だったそうです。

ディケンズは自身の経験から、労働者階級の実態についてよく知っていましたが、社会経済の改革や労働者階級の改善についてもっとよく考えるようになりました。それは後に小説の設定や、登場人物、物事に大きな影響を与えるようになるのです。

1836年「ピクウィック・ペーパーズ」の発表により、小説家として文才が認められるようになります。この作品出版後、彼の知恵とユーモアで人気を得るようになり、誰もが知る有名人となります。ファン達は、彼の人間の描写力に魅了されました。その他にも「クリスマス・キャロル」「オリバー・ツイスト」「大いなる遺産」「二都物語」といった作品で成功を収めました。
沢山の小説家達は、彼の現実主義、社会批判を称賛しました。ディケンズはビクトリア時代の中で最も有名な小説家となったのです。

彼は働き続ける日々を過ごし、1870年、58歳の時に脳卒中で亡くなりました。彼の作品は、人々に大きなインパクト与えながら人気を誇り、今もなお愛され続けています。

 

その他のイギリス出身の著名人、有名人について知りたい方はここをクリックしてください。