EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスの紅茶文化~Part1~ British Tea Part 1

イギリスの紅茶文化の始まり

イギリス人は紅茶が好きなことでよく知られています。紅茶が初めてイギリスに来たのはいつでしょう?そしてどのようにして普及されたのか?今日はイギリスの紅茶文化について見ていきましょう。

イギリスの紅茶文化の始まり

ヨーロッパでは長い間、紅茶は知られていませんでした。中国からの紅茶がヨーロッパに到達したのは1600年代半ば以降でした。最初に、中国から大量の紅茶を輸入した国の一つがオランダです。オランダの業者達はこの新しい商品をアジア地方から持って帰りました。

興味深い事実の一つは、紅茶の前にコーヒーが先にイギリスに伝えられたということです。最初のコーヒーハウス(喫茶店)は、1652年頃にロンドンでオープンしました。その後とても人気となり、イギリスの至る所にコーヒーハウスができました。イギリスの紅茶の歴史は1658年の広告が始まりでした。この時点では紅茶はほとんど知られておらず、それほど人気は​​なかったのです。

紅茶はどのようにして人気になったのか?

始まりはイギリスではなく、紅茶はヨーロッパで一般的となりました。1662年、ポルトガルのキャサリン・オブ・ブラガンザはイングランド王であるチャールズ2世と結婚しました。彼女は紅茶が大好きでした。彼女の影響で、社交の場では紅茶を飲む女性が増え、さらに人気を増しました。また、多くのコーヒーハウスでは紅茶が販売されるようになります。 1600年代後半には紅茶はとても有名になりましたが、値段がまだ高価だったため、裕福な人だけが楽しめる飲み物でした。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/91/CatherineofBraganza1.jpg

キャサリン・オブ・ブラガンザ

1700年代初期には、イギリスでは緑茶よりも紅茶がより人気を集めました。これは、人々が紅茶にミルクと砂糖を入れて飲み始めた頃で、中国ではこのような飲み方はしていませんでした。

それから間もなく、イギリスは世界で有​​数の紅茶の消費国となり、 18世紀には紅茶の輸入量は4倍となったのです。

紅茶税

紅茶は一般的で手頃な価格になってきているため、多くの人によって飲まれるようになりました。政府はその人気から、紅茶の販売と利益を管理することにとても力を入れていました。 1700年代半ばの紅茶の税金は、100%以上に上昇しました。

これは人々がより手頃な価格で紅茶を買うために、密輸業者に目を向けるようになったことを意味しています。

紅茶の密輸は非常に有益な事業となりました。多くの密輸業者はヨーロッパから紅茶を持ち帰り、イギリスで販売ていましたが、これらの紅茶の値段も安くはありませんでした。

紅茶の密輸は大きな問題となったため、1700年代後半に政府が紅茶の税金を12.5%に引き下げることを決めました。減税後、紅茶の密輸は消え去りました。

需要の増加

イギリスは膨大な量の紅茶を消費していたため、輸入業者は紅茶をより早くイギリスに輸送する必要があったのです。イギリスの東インド貿易会社は、アジアからの紅茶を最短時間でイギリスに送るために、小型で高速な船の艦隊である「ティーフリート」に膨大な費用をかけました。これらの小さな船の種類は「クリッパーズ」と呼ばれ、現在ではその中の「カティーサーク」という船をグリニッジで見ることができます。ここは観光スポットとして人気となっている場所でもあります。

現在観光地名所でもある「カティーサーク」

アフタヌーンティー

その後、アフタヌーンティーの文化が始まります。「アフタヌーンティー」については、こちらをクリックしてください。
Part2では、イギリスでの現代の紅茶文化を見ていきましょう。

 

 

Image Credit: (Catherine of Braganza) Peter Lely [Public domain], via Wikimedia Commons

最新人気記事TOP5