EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

アフタヌーンティー Afternoon Tea

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーの由来

アフタヌーンティーは19世紀にイングランドから来た文化です。アンナ・ルッセルという女性(公爵夫人)がこの文化をスタートさせました。この頃、人々が食事をするのは1日2回、朝と夜だけでしたが、アンナは、夕方4時ごろになると小腹が空いて疲れたので、自分の部屋で紅茶を飲み、お菓子を食べ始めました。そして、彼女は友達とレストランでこの習慣を楽しむようになりました。この文化は上層階級の人達の間ですぐに広まり、とても流行になりました。

後に、上層階級の人達だけでなく、労働者階級の人達の間でもこの文化は広まり、定期的にお茶を楽しむようになりました。しかし紅茶は高く、彼らにはこのようなことを長く続けることができませんでした。

ハイティーとローティーの違いは?

上層階級の人々は、お茶と一緒にサンドイッチやお茶菓子を楽しみました。大体4時頃に飲んだり食べたりしていたので「アフタヌーンティー」と呼ばれるようになりました。

高めのレストランで、居心地の良いソファーに座り、紅茶やお茶菓子を楽しんでいたことから、「ローティー」という名前が付けられました。

 

また、労働階級の人達は、大体6時頃に仕事から帰宅し、その後からお茶の時間だったため、彼らは夕食と一緒に紅茶を飲んでいました。
このスタイルはローティーほど豪華ではないですが、紅茶や食べ物の量はハイティーの方が十分にあり、食事は肉や野菜などの夕食、紅茶はマグカップで飲むスタイルでとてもラフな感じで親しまれました。
このように家族と食卓を囲みながらテーブルで飲むスタイルから、「ハイティー」と呼ばれるようになりました。

後にこのスタイルが当たり前になり、この時間を「ディナータイム」ではなく、「ティータイム」と言うようになりました。最近でもまだイギリスではこの表現が使われており、人々は夕食の時間を「ティータイム」と言います。

近頃、ホテルでは昔の「ローティー」のスタイルのことを「ハイティー」と言います。
なぜならば、多くの観光客にとって「ハイティー」は、より豪華で高価なイメージが持たれているからです。実際はローティー>ハイティーです。

イギリス人はまだこの文化を行っていますか?

実際はそんなにしていません。昔に比べて多くの人達が紅茶を飲むようになり、アフタヌーンティーの文化はオシャレで流行になりましたが、現在、定期的に行う文化ではありません。最近では、紅茶はコーヒーのように親しまれ、どこでもいつでも飲まれています。
しかし、日本人が「抹茶の文化」をたまに楽しむように、イギリス人もレストランなどでアフタヌーンティーの文化を楽むことができます。特にロンドンが主流です。

アフタヌーンティーはどこでできるの?

多くのホテルやレストランから選べます。金額は、一人10~60ポンドくらいとなりますが、それはあなたが求める雰囲気や経験によります。
最も人気なホテルでは特に上品な雰囲気をサービスしています。これらのホテルは観光客に最も人気ですが、もっと安い場所も選ぶことができます。オンラインで探せば、すぐに自分の希望に合ったところを見つけられます。

是非ロンドンに来た際には、アフタヌーティーを経験してみてはいかがですか?

 

最新人気記事TOP5