EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

ロンドン観光を安く楽しむには

ロンドンでお金をかけずに楽しむ方法

ロンドンは世界でも特に物価が高いと言われている都市の一つです。なのでロンドンにいればすぐにお金がなくなってしまいます(笑)。今日は、あまりお金をかけずにロンドンを観光できる節約術をいくつかシェアしたいと思います。

公共交通機関

一番お金がかからない方法は‟徒歩”です(笑)。しかしロンドン周辺で長い距離を旅する場合は、公共交通機関を利用する必要があります。観光客の中にはロンドンタクシーに乗ってみたいという人もいます。タクシーは観光にはとても便利な手段ですが、運賃は他の公共交通機関に比べて高くなります。

そこで、最も安い選択肢として「オイスターカード」を使うことをお勧めします。オイスターカードは、日本にもある「Suica」のようなICカードです。しかしロンドンでは、オイスターカードを使った方が現金で乗車券を買うよりもはるかに安いのです。ロンドンで1区間の地下鉄の切符を現金で買うと、オイスターカードを使うより約2倍の金額になります。これはイギリスの政府が国民に、オイスターカードの使用を促すためであると言われています。

このオイスターカードを使うとある特典があります。それは1日の乗車賃が£6.80を超える場合、それ以上の運賃はかかりません。要は上限金額が£6.80で乗り放題ということなので、1日に3〜4回地下鉄を利用する場合はとてもお得です。

また、ロンドンバスも最も安い交通手段の一つです。一区間の運賃はオイスターカードを利用すると£1.50です。地下鉄の最低運賃はオイスターカードを利用すると£2.4~になります。

左:新しいロンドンバス 右:旧ロンドンバス

オイスターカードを最初に購入する際は手数料が£5必要ですが、帰国する際などカードが不要であればこの£5は戻ってきます。また、カードにチャージされた金額は£10までは払い戻しが可能です。例えば£15がカード内に残っていると残りの£5は戻ってこないので、ロンドンでオイスターカードを利用する場合はチャージ金額には気をつけましょう。

観光

マダム・タッソー館、ロンドン塔、セント・ポール大聖堂など、ロンドンにはたくさんの観光名所がありますが入場料がかなり高いです。しかし、中には安い入場料の所や、無料で入れる場所も数多くあります。

ロンドンにある博物館の多くは入場料が無料です。その中でも特に人気のある博物館は、「大英博物館」「ロンドン自然史博物館」「帝国戦争博物館」「テートモダン(ここは美術館)」です。大体このような博物館の入口近くには寄付箱があり、博物館にお金を寄付をする人もいます。

ナショナル・ギャラリー

下のリストはその他ロンドンにある入場料が無料の博物館・美術館です。

British Library 大英図書館
National Gallery ナショナル・ギャラリー
Science Museum サイエンス・ミュージアム
Victoria and Albert Museum ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館
Bank of England Museum イングランド銀行博物館
National Maritime Museum 国立海事博物館
Museum of London ロンドン博物館

ロンドン自然史博物館

もしこのような場所が好きな人は、1日中館内で時間を潰せます。個人的には3時間もいれば十分ですが(笑)。

トイレ

ロンドンで最も不便なことの1つに、公共トイレが中々見つけられず、その多くは有料で50ペニー以上払う必要があります。トイレにお金を払うのなんて・・・という方は、主要な観光スポットにあるトイレを利用することをお勧めします。上で挙げた博物館・美術館内のトイレはすべて無料です。トイレの場所を把握してから1日の観光を計画すれば、お金と時間を節約することができます。

食事

ロンドンでの食事はとても高くなってしまうので、朝食を安く済ませて節約している人が多くいます。以前、ロンドンにあるとても安いカフェ「Regency Cafe」を紹介しました。できるだけ節約したい人、そして本場のイングリッシュフライドブレックファストを食べてみたい方にはここをお勧めします。とても美味しくてボリューム満点な人気のカフェです!(こちらをクリックしてください)

しかし、リーズナブルな価格で美味しい軽食(サンドイッチなど)を提供する「Pret A Manger」のようなチェーン店もロンドンにはたくさんあります。無料Wi-Fiがあるので、このような場所も観光客にはとても人気があります。

もし英語を読むことができたら、”Time Out London Cheap Eats“というウェブサイトをチェックしてみてください。ここではロンドンにある、世界各国の食事ができる場所(レストランなど)を紹介しています。

またレストランなどでお水を頼む場合、イギリスでは無料です。欲しい時は店員まで「Could I have some tap water, please? 」と言ってみてください。

以上、この記事を参考に少しでも節約に役立てることができたらと思います。事前に予約をするとクーポンなどを入手することもできるので、観光名所のウェブサイトなどをチェックしておくといいと思います!

 

最新人気記事TOP5