EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスの階級制度

階級制度の歴史

1914年イギリスにて、労働者階級の人々

多くの人々はイギリスの階級制度についてよく知っています。では、イギリスの階級制度とは?今でも存在しているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

イギリス階級制度の始まり

中世の間、社会の中で人々は異なるグループに分けられていました。肉体労働者や農業を営む農民。上流階級と呼ばれる人は法律や政治に携わり、中には同様の権力を持った騎士もいました。そして社会のトップにいた貴族と王族。この生活様式は日本の「封建制度」に似ています。
この階級制度は、時代を通じて進化し続けていました。 19世紀の終わりにかけて、階級制度は主な3つの階級に発展していきます。

主な3つの階級

“The Working Class” 労働者階級
この階級の人々は肉体労働をしていました。産業革命の間、社会で貧しい人々の多くが工場で働いており、その他の人々は裕福な人の奉仕者として働いていました。このような人達の教育の基準は通常と比べて低くなります。

労働者階級のトレードマークは‟フラット・キャップ”

“The Middle Class” 中流階級
この階級の人々には富があり、教育も受けていました。彼らは通常、医師、弁護士、上級公務員などの専門的職業に就いていました。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7e/Bowler_hat%2C_Vienna%2C_mid-20th_century.jpg

中流階級と上層階級の人々が被っていた‟ボーラーハット”

“The Upper Class” 上層階級
この階級の人々は社会のトップに属していました。彼らのほとんどが上層階級の裕福な家庭で生まれ、多くの土地を所有していました。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/38/Collapsible_top_hat_IMGP9662.jpg

上層階級の人々が被っていた‟トップハット”

また、「下層階級」(“The Underclass”) と呼ばれる階級もあり、社会で最も貧しい人々のことを言います。彼らは教育は受けておらず、大半の人々が無職でした。

社会的態度

階級制度は人々の互いの関わり方に大きく影響を与えました。上層階級の人々は労働者階級と交流を持つことを好まず、その逆も同じでした。

また、話し方さえも影響を受けていました。英語のRPアクセントは中級クラスと上級クラスによって使われ、労働者階級には「労働者階級アクセント」という異なるアクセントがありました。補足ですが、このアクセントは今日も存在しています。

人々は互いの会話を聞いて、彼らがどの階級に属しているかを素早く認識することができます。これは他の階級の人々の話し方が互いに影響を与えたのでしょう。

有名なディズニー映画「メリー・ポピンズ」 バンクスファミリーは上層階級でした

中流階級と上層階級は労働者階級を尊重していませんでした。これが原因で階級同士の間で分裂が起こってしまいます。労働者階級の人の多くは、上層階級の人々が謙虚な人の生き方や直面しなければならなかった苦労を理解していないと感じていました。

階級制度はまた、人の人生のチャンスに影響を与えました。上層階級の家庭で生まれた場合は将来、政治的に重要なキャリアを持つ可能性が高くなります。また、労働者階級の家庭に生まれた場合には皆同じ工場で働くか、両親と同じ職業に就く可能性が非常に高くなります。

この制度はまだ存在しているのか?

以前とは変わりましたが存在しています。給料の上昇により多くの人々が中流階級に移り、高等教育に参入する可能性があります。

しかし多くのイギリス人は、この階級制度をなくしたいと思っています。なぜならば、制度の背景に基づいて人々の差別を促進してしまうと感じているからです。しかし最近の調査では、中流階級の人々は以前より、労働者階級の人々に対して敬意を示していると言われています。

多くのイギリス人は上層階級からの政治において、政府の中でとても強い階級差別が見てわかると感じています。現代の先進国の中でイギリスは、依然として最も厳しい階級制度を持つ国の1つであると言われているのです。

興味深いことに最近のイギリス世論調査によると、イギリス人の50%以上が自分自身を労働者階級であると位置づけていることが明らかになりました。 (LINK YouGov)しかし、この全ての人々が実際はそうであるとは思ってはいません。おそらく彼らは、労働者階級として自分自身を認識しているに過ぎないでしょう。

未来

将来、階級制度がなくなるというのは厳しいと言えます。イギリス人の多くもそう感じています。これは、労働者階級の人々がこの階級であることを誇りに思っているからです。労働者階級であるということは、まじめに働き、世界を理解していることを意味します。他の階級も制度の変化を見るのは不本意でしょう。

Image Credit:

Bowler Hat by By Peloponnesian Folklore Foundation (Own work) [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], via Wikimedia Commons

Collapsible Top Hat by Nikodem Nijaki (Own work) [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

最新人気記事TOP5