EIKOKU GO

Everything British

EIKOKU GO

Everything British

イギリスの短所~日本人からの目線~

イギリスのここが嫌!

こんにちは^^私は日本人で、何度かイギリスに行ったことがあります。今日は、イギリスの悪い所を日本人目線でお伝えしたいと思います。あくまで私の個人的な意見なのでご参考までに。

イギリスのここが嫌!

イギリスのトイレ事情

トイレがきれいなのは日本だけだと思ってしまうくらい海外に行くと嫌な思いをすることがよくあるんですが・・・イギリスはどうでしょう?

まず、レストランなどのトイレは日本の方が断然きれいです。そして、外に設置されている公共のトイレはお金を払う場所であればまぁまぁきれいです。(トイレにお金は払いたくないですが…)また、ホテルや高級レストランはきちんと清掃されているので清潔感がありました。ただウォシュレットはもちろん、便座クリーナーもないので、やはりトイレ事情は日本に比べていいとは言えません。

ホテルの設備・アメニティ

海外旅行に行く際、ホテルに宿泊する人がほとんどだと思います。私もよくホテルを利用します。ですが、イギリスのホテルの部屋には冷蔵庫がありません。そして日本では当然のようにあるパジャマやティッシュ、歯ブラシなどのアメニティもありません。特に、飲み物や食べ物を買って冷やしておきたくてもできないのがとても不便です。すべてのホテルにないのかは分かりませんが、少なくとも私が宿泊した場所にはこれらの全てがありませんでした。日本の環境に慣れているため“あるはずものがない”というのがとても不便でした。旅行だからと割り切って行けばいいですが、ない物は日本から持って行こうと学びました(笑)

ショッパーが有料

日本でもほとんどのスーパーでレジ袋が有料です。イギリスも有料ですが、スーパーだけでなくコンビニや洋服店のショッパーも有料の所が多いのです。高級ブティックなどは無料ですが、ファストファッションでは有料です。エコでいいことかもしれませんが、ショッパーにお金を出すなんてちょっとばかばかしいと思ってしまいます(笑)

なので、イギリスでのお出かけの際は常にエコバックを持っていると便利です!

サービスとチップ文化

これは、どこの国に行っても日本のサービスが素晴らしいと感じる人が多いのではないでしょうか。イギリスのサービスが悪いという訳ではありませんが日本のような丁寧さはありません。もちろん親切でフレンドリーに対応してくれる人もたくさんいます。日本は“お客様第一”と言う考えがとても強いですが、イギリスではそこまでの精神はないためとてもカジュアルな接客の仕方なのです。

そして、イギリスではチップの習慣が当たり前ではありませんが、払う人もたくさんいます。日本人の私からして、言い方が悪いですが(笑)その程度のサービスでどうしてこっちがチップを払う必要があるの?と思ってしまうんです。もちろん親切でフレンドリーで料理も美味しかったら満足な気持ちになりますが、それ以上にチップを払う必要性はあるのかなぁと…。

このような「サービスの違い」は独自の文化があるのでなかなか受け入れるのが難しいかもしれません。

トイレとお風呂場

ホテルはもちろん、ほとんどの家のトイレとお風呂が同じ部屋にあります。

日本のホテルでも多いですが、家でもこのスタイルだと落ち着いてお風呂に入れませんよね(笑) また、日本人のように毎日湯船につかるという習慣がないためか、ほとんどがバスタブのみで洗い場がありません。なので私はイギリスではシャワーのみで済ませてしまいます。やっぱり衛生的にもトイレとお風呂場は別にしてほしいですし、トイレが隣にあってお風呂に入るのは少し抵抗があるという人も多いはずです。

もちろんイギリスには、悪いところばかりではなくいい所もたくさんあります。別の記事でイギリスの長所も日本人目線で書いてます。是非そちらも併せて読んでみてください!

 

最新人気記事TOP5